2015年12月31日木曜日

よいおとしを

 来年もよろしくお願いいたします。できましたので、まあ寝て起きて回線空いた頃に。

珍しい形の以下略

 最近更新に余念がない下田さんのブログを拝見いたしましたが、実はこの写真拝見して、あっ、と思われた方もおられるかもしれません。ほらあの、フィギュアの。あれすごいですよねー。こっそり欲しい。

 冗談はさておき、なぜ人は限界まで作業を突き詰めてしまうのでしょうか。便利になったと思ったらさらに欲深くなる、そんな人の悲しい性分を身にしみて感じている大晦日です。他にもいろいろ忙しいんですよ。ほら。あれとかこれとか。はいまた嘘つきましたね。まあでも大人なので、順調にやってます、とだけ申し上げておきます。

 誤解を招きそうですが、作業が滞りません、捗ります。ただ、作っているのは人ですから、そのね。うわあ、これすげええなあああ、かわいいなあ、萌え〜、みたいなことやってるといろいろと滞ってしまうのですが、作業は捗りますね。

 こっそりやってもう出してあるのだけれども(keiseiくんに説明したけど反応微妙だったな)線形予測符号を用いて人間のフォルマントを抽出(予測)して、その量(総和)をソースに、ターゲットのボカロトラックに適用して人間っぽい歌唱にする、という遊びがあってですね。なんでもいいんですよ。ただ自分で作るの大変でいやだから(いうて、あー、とか、うー、とか録音するだけなんだけど)、なんかスムーズにできる方法欲しいですね。まああとは、ボコーダーと同じでLPCは発音タイミングはリアルタイムではキツい部類ですね。

 難しいこといってますが、割と体育会系なので、sinで世の中にある全ての音が作れる!といった途端にそいつは絶対に許さないですけれども。数学徒もそれは危険だと思って怒るでしょうね。数理論理的に正しいが物理的根拠がない。最近は倍音を基音に追随して出力し、音の「明るさ」を決めるので、個人的にはtanθが好きですね。




2015年12月27日日曜日

鏡音リン・レン8周年おめでとう!

 うりーん、大地の味がする!

 みんな言葉数少ないのは、曲作ってるか聞いてるかして忙しい上に忙しさ重ねてるからだろうなあ。

レンきゅん!

 あああああああああああああああああああああああああああああああおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおうひゃああああああああああああああああああああああああレンきゅうううううううううううううううううううううううううううううううううううんすきいいいいいいいすきいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいイィィィィィィィぃぃぃぃぃぃぃぃぃい

 よく歌うでー!

2015年12月26日土曜日

客層変化

 門外からやってくるパーティークラッシャーは、ヒールにされてしまうけれども、実際にはかなり重要な仕事です。クリプトンの生放送で、例えばボカロPの名前を間違えてしまってフロアが凍りつくシーンは、逆にいうと、そんなくだらないところがタブーになってしまっているということの確認でもあります。

 俺の名前を言ってみろ!そういえば、昔、尊敬するえろ豆先生に「誰の名前でクレジットしたらいいんですかー」とお尋ね頂いて、明確な回答ができなかったことは少し心残りです。結論としては、なんでもいいのですが(おいおいまたそういう。。)、merakiaさんの入ったものはおやつ名義になっております。でも、曲に関して依頼がくることもあるので、そういうときは名誉会長を(世の中への投石の意味も込めて)使っています。

 しかし名前を間違えてはいけない空気がある、と。

 他にも、初期のいくら丼が食べたかったネタとか(生放送中に買ってきたいくら丼を配るサンタさんがいたけど、北海道のイクラよ!うまいもん食ってるなあ。あとイクラはロシア語由来ですね)、インターネット的なネタと遠い人たちが視聴者になっていて、ああこの流れは薄っすら感じていたけれども、いよいよ本格化して面白いなあ、とか。最近ピアプロが盛り返しているのだけれども、同人イベントとニコニコ動画ではボカロは微妙なんですよね。でも実際世界ツアー決まっちゃってる程度に普通のお客様がおられるわけで。つまり、ニコ動とか同人イベントみたいな胡散臭いフィールドではもうないのです。ピアプロにはルールがあって、見た目きちっとしてますからね、そりゃね。運営ちゃんとしてるし。ニコ動みたいにボカロPと運営と美人局3Pでがっぷりよっつ、困ったら贔屓の同人おたく君に聞いてみよう、みたいな変態チューブマンはピアプロはしないでしょう。

 最近はなんか段取りが悪いだけでフロアはみんなジェノサイドです。あの空気は予定調和を求めるタイプの空気ですね。でもそれだって断末魔で、つべとかでは再生され続けているのはよく知っています。新しい風を強引に吹かせて、うまくいけば、インナーサークル状態の現状を突破できるかもしれないですね。ええ。こまけえこたぁいいんだよ。

 ただ、カミーユ的な同人やニコ厨・テレビ系ご立派シャアのインナーサークルを巻き込みながら、シロッコ的インターネッツも突撃されて死んでいく、という一抹の寂しさはあります。クリプトンさんにかかわらず、ここでインターネッツをごり押しすべきかどうか、これは難しい判断を迫られると思いますが、もしかすると、変なのをごり押しすると、滑りまくってしまい、変な誤解を生むかもしれないですね。ただクリプトンさんは音楽系の会社で、ちょっとダメな、ねえ。あれがね、いやわかるんだけど。それでも4000人の普通の人の生活は優先されるところなのかな。寂しくなるけれども、現実ってそういうものですよね。

 ただ、ですね。「世界を回してく」場合は真逆になるのです。おそらく、時間にはルーズで芸術性を究極まで突き詰めたりであるとか(場合によっては楽曲が完成していてもそれでお蔵入りする)、動画の都合を考えずに長尺にして後で怒られるとか、まあなんか経験則でも、人格破綻した「バカ」の方がいいみたいですよ。いやでも私はそういうのはもうね。寂しい人になっちゃいますからね。

 さて、せっかくいいものが手に入ったので作業スペースを構築しようっと。ついにレンきゅんが流暢な英語を。。うおおおテンション上がるわ。このなんかまたおまけ的にほとんど最後の方まで宣伝していなかったバンドル英語の完成度はどっから来んのかね。





















 

2015年12月25日金曜日

「鏡音リン・レン」はすごかったです

・初心者向けか?:はい。
 どう考えても、これからはDTMをやるときに最初に買うべきソフトが鏡音リン・レンだといいきれます。断言できます。音符を入力すると、歌います。昔は音符を入力すると殴られたんですよ。予想通りに密林とかグーグル検索の最初の方の「レビュー」なるものを見ていくと、初期設定のままでは使い物にならないだとか、散々風評が流れています。けれども、実際使ってみてそんなことは一切ないので、ご安心ください。むしろこちとら初期設定のままベタ打ちで歌うところにこそ感動するんだけどねえ。あんまり営業妨害まがいのことするのもどうかなあ、と思うよね。

・中上級者向けか?:はい。
 音抜けがよく、エフェクトの掛かりもよいです。EQでかなり音が変わるので、ABサビでEQ変えるタイプの人にも楽しめると考えます。意図的に盛ってある10kも面白そうだけれども、2kにちゃんと抜けるポイントがあるのもいいですよー。


 とりあえず打ち込んで適当にコンプかけただけの音源を置いておきます。「関連データ(1)」に入っているやつです。なお、私イラストとか動画は絶望的にできない人なので、これらの見解はあくまで音響面に関する点に限定した前提であるこをご了承ください。

・超上級者向けか?:はい。
 ようこそ音響の泥沼へ。知りたいでしょ?

 ADPCMってのがあって、あれはビットクラッシュして雑音がひどいんだけど、元々はベル研究所とかでやってた、電話の会話を判別可能な程度にデータ圧縮して相手に送る、というもので、ボコーダーや逆FTからのピッチ推定に通じます。だから、ビットをクラッシュさせたりして、その先にセンドリターンが付いていたらこれをソースに適度に混ぜてターゲットを歪ませ、倍音を挿入する感覚で単語をより容易に認識できるようになります。AKAIのMPCやAcid系の古いフォーマットの方が「音が太い」と感じることがあると思います。あれと同じようなもので、意図的にビット落としてやったりして、できることならそれがピッチ追随してくれたらいいですよね。それで、残余を用いるというところへつながっていきます。何をいっているかサッパリだったら、飛ばしていただいて結構です。出音が全て。

-----------

 鏡音リン・レン V4X インスコして使ってみた感想として、とりあえず涙が止まりませんでした。「やっぱりちゃんとやってくれたな」という。さすがに8年間信心しただけあって、信心が足りないということはなかったですね。宗教と紙一重だよなこれ。冗談はさておき、まあこれでちょっとあれだったら流石に気が長い自分でも、ああ、と思ったかもしれない。いや、そんなこと全然ない最高のクリスマスプレゼントをいただきました。私も、例えば「世界を回す」とかそういう基本的に冗談半分のごく小さい嘘はつくのですけれども(いやまあ若い頃には頭がゆるくて杜撰ゆえに世界に回されてしまったことはあるけれども)、音響に関してはHC嘘つかない。

 そのクリプトン社の音楽的に配慮の行き届いた商品発送の後で、今度は凄まじくgdgdした本当クソみたいな生放送をクリスマスイブに見てしまって、なんか疲れているときに詰め込みすぎるとあぶねーなと思ったりしつつ。外でワインでも飲んでくるんだったわ。いやいろいろひどかった。男根コントローラーの話はまだ計算されていたけれども、それ以外の全てがひどかった。デデドンとかいってんなよ、本当クソだ、好き!

 でも、もう全くそういうデデドンだとか男根が通じる雰囲気じゃないんだろうな。はぁ。。さらに細かいネタで「さてはスパイだな!」ってのがあったのだけれども、あれは北海道限定のネタらしく、どうも日本の公安から依頼を受けていた道民が中国共産党に拘束された話らしい(道新)。多分、中の人にミクさんだけでなく国際的なミュージシャン抱えて中国出張が多い関係とかでニュース把握しているのだろうけれども、細かすぎる!知らんがな、ユーザー試されすぎだろwwww

 結果として、音楽作るという観点からは余計な労力を使うことから完全解放されたはずで、これからたくさん素晴らしい曲が出てくると考えています。むしろ、これでまだミックスやマスタリングに苦労するなら、もう言い訳しなくていいよ。そういう人は他のソフトでも人間でも無理だよ。

 まあそんなこんなでしばらく集中します。















2015年12月24日木曜日

鏡音リン・レン V4X 届いたでござる

 普段あまりこういうことはないのだけれども、自分へのささやかなプレゼントということで。まだインスコしない。解説書類読んで、この後、寝るwwww

 




 なお、このような形でさり気なく「v4x」と黄色でポイント柄が入っているだけなので、両親と同居しているタイプであるとか、普段配偶者やカレカノとイチャラブしてるクリスマスイブクソ野郎の隠れオタクにも安心な仕様です。本体パッケージもプチプチに入っていました。しかも、案内した「当日に届く」ってのがまた粋だなあ。うむ。さすがクリプトンさん、完璧ですねb

 ここまで、関係者の皆様、お疲れさまでした。彼らの歩むであろうこれからの道に「さらなる成功」があることを、個人として祈念しております。

 あとは、個人的にはここにあるように順次計画通り出していこうと思います。














待つオヤジ

 V4Xが来たら郵便屋さんに「サンタさん来たー!」っていって、苦笑させてから「メリークリスマス」って返します。

 今年の紅白歌合戦はご立派な人に叩かれてボーカロイドと化した者による凄まじい皮肉が見所なのだそうですけれども、私にとっては、何気にレン廃の「生駒ちゃん」がしれっと紅白に出てくるあたりがいい感じですね!ずっと出たいっておっしゃってましたものね。いやあよかった。

 子供いないんでね、なんか嬉しいですね。

 ちなみにですね。当時「ご立派な」人の報道バイアスで、何かあった時に取材にくる方もTBSとは違うと一筆加え、こちらも世界はみんな敵に見えているという、非常に険悪な雰囲気でやりにくかったことを、8年経ってもよく覚えております。あんまり軽口や印象で他者批判するのはよくないですね、いつか自分に返ってくるし、ご立派ですねさんは、最終的に毎日・TBS系に行き着いたところで、自分の同僚にも迷惑をかけていることになるのです。怖い。そんなことしていたら人が離れていくよ。

 おっ、来た来た!







2015年12月21日月曜日

Ёжик в тумане


 朝からすごいものを見てしまった。"Ёжик в тумане"  「霧につつまれたハリネズミ」というロシアのアニメーション作品。すごいなあ、まだまだ知らないものが沢山あるわ。


















「笑い」に落とし込まれる作品たち

 淫夢が差別だという人がいるのです。けれども、それは誤読です。対案もないくせに税金で食って批判ばかりしやがって。

 特にひどいのが「笑い」のネタにしている、という先入観からの誤解。こういった人たちがどういったコンテンツの受け取り方をしているかはわからないけれども、必ずしも全ての淫夢が「笑い」や「ネタ」ではないし、安易に製造されて消費されるものでは決してないのです。音のひとつ、アナライザを見たときの音質、音の立ち上がりと立ち遅れ、丁寧にサンプル化してスターターキットとして組み立てるまで高度に論理化されたセリフの回し、どれひとつをとっても、そういう「ネタ」や「笑い」に限定された意図にないことは明らかだと思う。というか実際に実地に行っていないアームチェアの議論をしている人ほど、勝手に作品を「笑い」という領域に分類して、貶めている。ああいうものが、何かタダで出てくるもの、つまり安上がりで、自由との葛藤とか、音楽性とか、そういうものが一切ないところで生み出されてくるような扱いになっている。

 もうひとつは、そういう勝手に性的少数者だという意識を内在化させてカルト化していくことへのおぞましさ、という文脈に議論があるということで、正直もうこれ以上反証することはない。

 よくいるんだよな。ボカロでも、自分の関わる周辺に近い(内容が近いだけで考え方は全く違う)ところにも、あれは笑いだ、キャラクターだ、といいながら、謎の音楽性進化論を唱える頭の悪い人たちがいて、散々クリエイター潰しをしている。胃が痛いんだよね。そして、思想哲学(あるいは宗教?)的一貫性なくあれやってみろ、これやってみろと右往左往した議論をしている。

 いわゆるマイノリティとされてしまう当事者が、当事者の「深さ」を芸にして作っている例も知っている。というかゲイは誰にでも当事者になり得るし、バウマンのいうように、そして差別が行われているんですよ!というときにも、何らかの恣意的な分節から差別は起こりうる。ただ、そういう連中が勝手に独我論的オカルトになっているときには、もう何もこちらからいうことはないし、触りたくない。私は、そういうものは人それぞれであって、勝手にすればいいのだと考えます。

 けれども、何かしら作るときにそれを萎縮させるような考え方を、アームチェアに座りながら世間一般に流布するようなサイコパスがいるから困る。参与観察をしていないのは調査に入らないし、そういう人は何がしたいのかさっぱりだけれども、アームチェアにどっかり座ってることが正しいと考える人を否定するのも趣味ではないので。ただ、企業・集団での社会経験者ならミスやエラーの扱いも慣れているし、多少のストレスには耐えるけれども(当然耐えることがいいことであるわけがない)、そうでない生粋で純粋なアーティストだったら、きっと潰れてしまいます。潰れている期間だけ「損失」が発生しているのよ。

 自分の哲学や認識に都合の悪いもの、あるいは宗教や哲学を「あれは笑い」とか「あれはネタ」などといって差別して、かついちいち排除しているとしたら、それはいかにも人間らしい把握の仕方であって、気楽なものだなと考えてしまいます。そんなことだからコンテンツが世界中に出る一方で、批評だけが機能せず、内外に評価されない一因なのでは。学問が足りないんじゃないですか。早く全部妖怪のせいにさせてもらいたいね。

 どちらかというと議論やショーをするためではなくて、必要最低限度の情報を交換するための、新しい叩き台が欲しい。

 どうでもいいけれども、ロシアアニメのマーシャが大成功しているらしいです。チェブとミトンはいいものです。ミトンのあの赤い犬は、正直露骨だけど可愛い。スターリン後の転換期に出てきた作品群が、その後のロシアアニメの成功の裏にあるのかなあと。北米型のCG表現に、カチャーノフの人形たちのような表現は適していたのかも。映像は詳しくないけれども、セル表現も着々と入っているようだし、今後面白くなるといいなあ。動画は本当に門外漢ですけれども。
















2015年12月19日土曜日

下田さんは天才

Nona Reeves "ENJOYEE! YOUR LIFETIME"




 アイマスすごい。

 中華っぽい感じの音に興味があって、どんな感じかと考えたのだけれども、やっぱりホモじゃないか!逆再生したらよかったのか。個人的には、これが「中華」っていわれて一番しっくりくる。ちなみに、現在は淫夢系と関係が悪化していることもあるので気をつけたいところです。

 もう一つ気になっているのが旧ソ連。




 KARENT で鏡音リン・レン祭してる



 どういう基準で配信しているのか全く知らないけれども、中華っぽいの多いなこれ、と思ったら中国語じゃないか、すごい。中華サイコー!「第三場暴風雨」、「恋のチャイナタウン」、チェキチェキ。

 もうひとつ。


 さらに「逆再生」もあるという、もうなんかすっちゃかめっちゃかになってきた。あれだけカッティングとかしまくって黒いビートでファンクだといわれていたものが、わりと中国っぽいものを逆再生しただけだった可能性が微レ存。
















2015年12月16日水曜日

Soupcurry

 いわゆるカレーではなくて変態クソの方ですけれども、歴史的価値もあるので、参加者や元ネタ探しやすいように、詮索にならない程度で、誰かまとめたり取材したりしないかなあ。でも面倒か。どっかでその系の人に会えたら個人的に聞くかな。

 スカトロペンギンとか傑作で、なんか哀愁もありつつ中華パチモンな上野アメ横的ローファイのオシャレ感すごい。スープカレーってのがオシャレだけれども、そのスープカレー屋でかかっていたら吹き出すような内容がカックイイです。どうしてこんなものをやろうと思い立ったのか。いろいろ音楽史に残りそう。

 そういえば、最近の数年で音楽製作ツールの高域の扱いはさらに伸長しているのですね。さすがに高域に関しては無理が出てきたりして、数種類「欲しい」と思ってしまいました。音量を上げてくと回折して歪むような部分にもリミッタひねるだけでチョチョイノチョイってすごいですよ。ノイズ封入したりだとか手動で細かく帯域ごと音量仕切ったりだとかしなくていい、って費用対効果は確実にあるので、ちょっぴり欲が。まあでも限度ってのもあるんで、儲かったらもう一度考えようっと。貸与のMOTU使ってなかったらやっぱり取り行こうかなあ、勿体ないですもんね。あれは高精度EQついてるから、ひとつ欲が減るwwww

 ブートレグやそれに近いもの、思想的にそういうものに与するものというのは、強烈なモチーフがあるんだなあ。うーむ、またひとつ確信させていただきました。年々そういったクソ野郎がインターネットから消えていく寂しさがちょっとある。




2015年12月15日火曜日

好みの音

 好きな音はこういう音です。

  サンプル音源はこちらからどうぞ。

 ナイジェルゴッドリッジとかライドとかが好きです。

 しかし、実際にはもっと高域をシェルビングして出すのだろうと思います。好きな音と、実際の時勢に合わせて出しっ放しにしておく音は、また違うのだと思います。

 ただ、一部の人間が必要としているあのブリティッシュなスネアのザラッとして立体感のある「あの音」、というのは、感覚的には、好みの音だといって提示した方だと思います。どこかで需要は確実にある。

 でもって、音を出さずに「こうすればあのサウンドに!」というのは不親切だよなーと思います。ストレージ容量の問題が解決しつつあるのだから、音を提示してから論を述べていくべきで、私はそれ以外はカットさせていただきます。














承諾

 事前承諾と事後承諾の問題は、日本語圏においては議論がある問題です。この前後の違いで、しばしば問題を引き起こすことになり、解決しない形で禍根を残しながら解消されます。

 どうやら英語圏ではconsentとagreeが合意や承諾を表していて、前後は省略されるらしい。リアリティショーとかリアリティが認識されたらリアルなんだろうな。

 最近世界(特に北米)を夢見てるギレン.. 初音ミクがいるようだけれども、もしそれを鏡音に当てはめるとしたら、ふたつの点から私には疑問があります。まず、自分の曲がつべに転載されて本当に個人で世界の舞台に立った、というか立たされてしまったときに、鏡音リン・レン関連でとても偉い人のおっしゃっていた「日本語でおk」という凄まじい一撃があります。内部や同友企業群の内部に対応するだけの能力がない人間しかいないとき、また新たに対応可能な人員を雇用しないときに、そういった無理をする必要性が本当にあるのかどうか。もうひとつは、口先だけで踊らされて「はてな」の黒歴史を再び繰り返し、君は刻の涙を見る、では手遅れですからね。人は過ちを繰り返す。それらを覆すだけの何かが行われているのかどうかねえ。まあ、どうなんだろうか。

 もう一度言いますが、これから事前承諾で売り出すというパフォーマンスを続けるのか、すでにあるものを使うのか、数理哲学や構造主義の徒であれば答えは一択です。すでにあるものを使うべき、だったのだ。

 ロシアの大統領が潜水艦で水中に潜るパフォーマンスを終え、次は宇宙ですかと聞かれたときに「まだ地上でやるべきことがある」と答えた皮肉を思い出すのですが。といっても「鏡音リン・レン」にはまだ地上で戦える余地があるかもしれないし、大統領が地上で戦ってしまったロシアの領土はこっそり拡大されている事実がありますよね。

 私もいい加減に地上でお気に入りのCDを取り込む作業しなきゃ。ポールマッカートニー「chaos and creation in the backyard」とマイブラ「loveless」をじっくり聴き込みたいです。いつやるの?今だよなあこれ。

 「シャア、私ときてくれれば..」いやこなくていいけど。

 そういえば最近のコンプって性能良すぎてアコースティックなキック音が下手くそなパキっとした感じにならないんですよねー、あれどうなんだ。ボニピさんの「金魚」を聞きながら、ヨーロッパ系のキック(金魚はトーレ=ヨハンソン)はパキパキいわないけれども、スネアはすげえ出てんだなとか思うのでした。





















2015年12月14日月曜日

減算合成

・減算 вычитать
 またひとつかしこくなった。マスタリングで使っていますが、こんな言い方をしなくても、数学でやる単位円の考え方で当てはめられそうですね。頭でっかちは嫌いな人が多そうなので現場的な言い方をすると、左右のスピーカーから時間経過につれてわずかに周波数と音量がズレた、もしくは周期的にズレ続ける二つの音を鳴らすと出るところが出るということです。数学は犠牲になったのだ。

 嫌いなのは英語だけではなくて数学も嫌いです!っていうか全般的に勉強には強いコンプレックスがあります。今では英語はネイティブと遜色ないくらい話すし、ネイティブ扱いされる嬉しい誤解もされます。静岡県民です。ロシア語も仏語も話すけれども、けれどもこういう複雑な気持ちって大切にしていきたいです。数式もまあほどほどでてくれば理解できるものは理解できるけれども、やっぱりここは苦手でした。みんなネタには容赦なく真剣なので、FTとかIFTとかガンガン出てくるのでした、ボカロの初期は。内なる世界は広がりますよね。。

・EQ(フィルタ)
 上に述べたことはざっくり言うとモジュレーションとかLFOなのだけれども(マスターにギターアンプやコーラスを刺して、そして殺す)、EQにも色々な使い方があります。原則、こういわれます。EQは周波数の不足が感じられるところをブーストしますが、マスタリングではプラス3dBにとどめて、あまり大胆に適用してはいけません。ブーストばかりではなくて、マイナスをすることを考えましょう、と。

 そんなことばかりやっているから、クソみたいな自称プロの老害がスタジオにこもってせいぜいそれかよ、みたいな音響の曲が増えるのです。そこで、プラス6dBにしてハイシェルビング、その後3dB全体の音量を下げると考えてみてください。相対的には音量は下がりデータを節約できますが、心理的な聴感上の実効値は向上します。そして殺す。いや殺さないけれども、墨の入ったPA業の大先輩に優しく(?)ご教示いただいた「世代交代だ!っていって強引に突っ込んでこい」という発想はちょっとやってみたいかもしれないです。

 僕らはいつからマスタリングにマルチバンドコンプを使うのをやめてしまったのだろう。




 まあそんなことはどうでもいいや。誰か三木眞一郎さんのオヌヌメ音源を教えろください。ひょっとしてポケモンの口上入った作品が最大のヒット作なのかしら。すごいなあ。












2015年12月13日日曜日

感謝 Всё хорошо, что хорошо кончается.

 all's well that ends well 終わりよければすべてよし

 ほんとかよ(cf. シェイクスピア)。というわけでふたつアップさせていただきました。これでリマスタはおしまいです。手直しはあるかもしれませんが、大した変化はないです。




【鏡音レン】スイートスポット【オリジナル】 powered by ピアプロ


【白鐘ヒヨリ】旅の終わりに【オリジナル曲】 powered by ピアプロ



 結果として24曲の手直しをしました。数万とか数百万の再生もされているので、何をもって「多い」と定義するかは難しいですが、自分にとっては十分なほど多くの方に聞いていただけました。ありがとうございました。

 あまり先の方向性など考えていませんが、気ままに暇を見つけてまた曲作ったりしてみますー。とはいえ、長らく忘れていた「頑張る」とか「努力する」というものを多少は考えてみようと思います。あー疲れた、ちょっと米軍機にレーザービーム撃ってくるか。








NATOローラー



2015年12月10日木曜日

音源サンプル

 最近作っている音の短いサンプルをこちらにご用意いたしました。リンクから聞けますかねー。スネアの音作りを楽しんでおります。ボーカルはlogicの中に入ってたそれっぽいボイスサンプルです。

 あと、これはおまけだから、まず食べて落ち着いてね。

 ここひと月、いろいろやってみて思ったのですが、キックとスネアが別にあると自分としては大変やりやすいです。特にスネアにはこだわりと、音量の目安としてスネアを使うやり方なのがあり、スネアが別トラックとしてあるか、スネアをあらかじめ相当作り込んであると、意図通りに諸々を制御できます。












2015年12月8日火曜日

BOSE

 いろいろ読んでいてあまり話題に出てこないけれども、BOSEの1万円くらいでグローバルに売ってるイヤホンはいいですね。多分、世界中どこでも買えるし。英語圏の製品によくあるゴム部分の弱さがあって、不本意ながら一度買い換えたのだけれども、ゴムの耐久性は確実に上がっています。そして音の傾向が素早く掴みやすいです。わかる人には低域の割り切った作りがよくわかると思います。900STナシでも、やれといわれたらこれでいけるかもしれないっすね。英語圏の製品、同時期のMac Book Proなどもゴム部分が弱いのです。なんか隠語っぽいな、違うんですよ><;

 みたいな、こういうね。わけのわからんことをいうと、「アーティスト」を期待してくる人はきっと失望ですよね。あと、この話題は難解で需要がない。エンジニアなんていらないんですよね。黙っているから音だけ作らせてくれたらいいのだけれども。変わった形のマカロニとかパスタ?見つけなきゃなあ。

 KemいいよKem。







2015年12月7日月曜日

蝸牛考、方言周圏論、アホバカ

 手っ取り早くいうと、佐々木俊尚先生のこの紹介は、少し強引です

 柳田は「学術」として受け取るには誤認して論を進めている部分も多いのです。したがって、単純にその理論を受け取っては誤認を引き受けてしまいます。そのときに、タイトルに示したこれらの問題が具体例として、しばしば紹介されます。

 そのような背景から、現代において方言周圏論は相当程度「議論がある(しかも研究の総本山でそういう認識が共有されている)」ことと認識して、その意図を添えるなり、考える必要があります。多分それを知っておかないと成城でフルボッコになります。ことを面倒にしている話なので、研究者の方々が気になる部分だったりします。逆に、これを質問すれば丁寧に教えが頂ける部分でもあったりして、まあいろいろとあります。

 私自身、少し整理してしまったため資料を引っ張り出してくるまではいきませんが(これは本当は一番よくない。。)、こういう議論もあるというところでひとつもののはなし程度に。











2015年12月6日日曜日

しわーっす┗(^o^ )┓三

 走らさせていただいてます!










 続きが聞きたいですね。
 
 それはそうと、この曲を視聴して年月の経過を感じてしまった。





 CGMや国際化する問題の「楽しさ」や「面白さ」のひとつは、権利や領域を相互に侵害することであると感じます。そういうものを何か試行錯誤で当たり散らしていくからこそ面白いのであって、ただ運営するだけの運営とか何も面白みがないし、ピアプロの運営からボカロ曲を作ろうという「カオス」な試みは本当に心から応援したいです、掛け値なしでね。運営しない作り手とか聞くだけの人ではグレーに踏み込めないのでは。

 線引きは大切だけれども、まあそれはそれこれはこれみたいな。

 どうしたらピアプロが盛り上がるんだろう。ピアプロ人民裁判を開いて、活躍していないボカロ評論家を全員農村に返せば、ピアプロの文革ノルマ(ノルマはロシア語由来)達成だな。いやまあ、そうしたら真っ先に自分が失脚するか。造反有理ー!キャピタルイエローでドイモイやで。

 ピアプロ全員粛清でまるっと解決?SF野郎が死ねば問題はなくなる、みたいな。スターリンでマドンナ旋風やでー。西側ボカ老害はマッカーシーの赤狩りで有名Pに無実の罪を着せてスキャンダルで失脚させるとか。「あいつはホモにちがいない」。「ちがいますよー」。そうするとニコニコフィンランド(モテる方のカバ)に鹵獲される?パラライカやらないか。そのうちクレムリンフューチャーメディアとか、何か中国で作った製品みたいな親ピアプロ派政権がニコニコやつべに誕生してですね。歴史に学べば、いろいろ手はあるにちがいない。ポロリもあるよ。やがてサンクトペテルブルクのストリートで学んだニンジャの美男美女が出てきて、見事に引っかかって負けてから気がつくと「これはベトコンの将軍の罠だったんや!」でっていう。そんなのどーでもいーじゃん!みたいな。よくねーか。

 あー資本主義タイムきたわ。仕事します。














2015年12月5日土曜日

wktk

 クリスマス・イヴとか、皆さん恋人とデートとかして過ごすんですよね?










消尽

 いくつか予定より増えたのだけれども、あとひとつでリマスタ的なものはおしまいになります。抜けもあるのだけれども、各リンクなど辿れば手に入るようになっております。あとは、多分TOEFL的に「現在」の私の出せる音響の状態がテストされています。



【鏡音リン】 しあわせしずおか 【オリジナル曲】 powered by ピアプロ


 ニコニコ動画に上がっているものはyuukiss先生のマスタリングによるものです。こちらは段取りからPVまで含め、私なんかのやったどれよりも素晴らしくて、正直な話、到底足元にも及びません。2010年でした。今回自分でやってみて、改めてマスタリングってむずかしいなあ、と痛切に感じられました。シンセの部分の高次倍音広がり方とか、まったく違います。

 もうひとつ、個人の感想に過ぎないのですが、カルチャーとしては2007-08年にはまだインターネッツ特有の「個」とか「革命的」なものが強かったところ、2010年に見た景色は一変していました。癖の強かった人がこっそり歩いていた同じ場所を、2010年には「普通の人」が歩いていました。特に、同人という分野で人脈的なものが出来上がってくるに従って、同調圧力は日増しに強くなっていきました。だから、もうしばらくこういうものは、こういうカルチャーは、私にはもうダメ、力が残っていないし、もうこの瞬間というものは再現できないんだ、と考えています。avexの松浦氏がよくおっしゃっていた「ムーブメント」というものを、ひとつ体験したのだな、といった感じです。

 例えば「エア本さん」の話をできない空気が2010年にはありました。もうアカデミックな場での話が通じない、辛かったですね。それだけです。

 ギリギリセーフで転換点に置いてくれた2010年当時の方々に御礼申し上げます。2008年の前後、その場所に寛大な大人の配慮でクソ生意気なクソガキがお邪魔できたことにも感謝しております。そういうわけで、5年ほどかけて、ああ、もう次の段階だなあ、という心境です。














2015年12月4日金曜日

そろえて

 急に忙しくなったけれども、何とか捌いた。

 暇なときには、こそこそリマスタをしております。シバションPの名曲「サルベージ」をカバーしたものなど数曲あります。どれもMP3, 320kbpsで、ピークをオーバーしないようにしつつ、音の質感や音圧感が揃うように頑張っております。俗にいう「マスタリング」ですが、よろしければ是非DLして聞いていただけたらと思います。音質オタク、まではいかないけれども、これで十分だろうというもの、感覚が何か定まってきました。

 ただしこれ、異論もあります。32bit浮動小数点にしてしまえば問題はないんじゃないか、とかですね。まあいいや。

 シバションさんの曲大好きなのでオケも自作してカバーしてます(難易度高かったです)。曲だけでなくご本人さまの歌唱も素晴らしく、イラストはたまた動画までご自身で作ってしまう上に、そのうえ人気の少女漫画家であり、ビジネス本の漫画家としても大成功されています。天才です。こっそり(?)お会いしたときにジャンピングハイタッチしました。



【白鐘ヒヨリ】 (カバー) サルベージ 【シバションP】 powered by ピアプロ


 こちらはオリジナル曲のリマスタ。


【白鐘ヒヨリ】 312 【オリジナル曲】 powered by ピアプロ


 以下、揃った感じで納得して今後もこの箱の中でやろうというサンプルでもあり。


【白鐘ヒヨリ】 Japanese Culture powered by ピアプロ


【白鐘ヒヨリ】 かわらないまま 【オリジナル】 powered by ピアプロ


【桃音モモ】 向上 【オリジナル曲】 powered by ピアプロ


【初音ミク】 こわがらないで 【オリジナル】 powered by ピアプロ


【白鐘ヒヨリ】 ぽわぽわふわり 【オリジナル】 powered by ピアプロ


 いろいろあるのですが、やはり隠しきれないところ、待ちきれないですね。ワクワクしてます。













2015年12月2日水曜日

2016年1月リリース予定!

・大テーマ:「チャンス」
・「チャンス」を表現するために

 A. 歌詞のテーマ「擬音と繰り返しの多用」
 B. 技術的テーマ「時間と品質を守って一定の数を作る」

・[期日] 「タイトル」、曲調、各曲主題
 1.  [20160101]「Ines」, ロックっぽいもの, あなたはまだ自分の魅力に気が付いていないの
 2. [20160111]「まるでヘリコプター」ヨツウチっぽいの, 和風(と見せかけてインチキ中華風)
 3. [20160125]「未定」, 裏拍, 未定

注意:交通機関の遅延や天候などにより予定は変更になる場合があります。予めご了承ください。

------------------------

 細かいことはあれが来てから考えます。20151201で、ロードローラー派は結成8年を迎えました。おめでとう、そしてありがとう。セーフティーファースト、ご安全に!









2015年12月1日火曜日

12月

 きちんきちん。きちんとするところはきちんきちん。朝の用事もきちんきちんで、あー疲れた。南雲堂(英語出来ない顔で)。アメリカでヒットする評論家がいない。

 その後、キックとスネアを入れ直していたら、結局ベースもやり直したという。そうしたらお気に入りになりました。ぜひDLして楽しんでいただけたら幸いです。そして、このシリーズは、あとふたつ。早めに終わらせますが、まあこのタイミングで32bitマスターを発見してしまったので、だんだん調子に乗ってきます。

 ボカロが届くと、久しぶりに2kHz-3kHzのポッカリと空いた穴が埋まります。ただ、きっちり計画した企画に沿ってやろうと考えています。私には動画はできないので、曲だけを出します。それで、テーマ、技術的課題、曲調、曲数を決めました。実はオケもある程度ある。あとは日程だけれども、焦らず無理のない範囲でやろうと思います。といって、もう後はこの日出します!できなかったら延期します!っていうだけなのだけれども。詳細はお待ちください。

 欲をいえばクリプトンさんがピアプロのチャンスへ、集まった後でもう一席ぶち込んでくれると、面白いのですがさて。私この一席ぶちたい、って思考があれなのかな。「ピアプロの独自企画で、そのコンセプトである『チャンス』の説明をしているのだけれども、これを読んでいるとおよそ社会経験のある人が作ったものとは思えない。なんだか微笑ましいです。」といいました。それは私がかつてコラボしてくれた方に振っていたレッセフェールの精神そのままです。そして、実はそれでは困るのだと指摘されたことがあります。だから、到底私が何か偉そうにいえるものではないですね。

 いよいよ冷え込みが厳しくなってきました。私は、昨年まで自宅にはエアコンがなくて、まあ田舎なので石油ストーブはかろうじてあったのですが石油は重いので給油をサボるとひたすら凍えているというバカな話が実際起きていました。外にいたら、空調効いているから全然おkなのですがね。そう考えると本当に怠惰でケチですね。今年は年始から色々あって体調に気をつけています。

 実は脳震盪起こして外で死にかけ、いや元気です余裕っすよ。そういうわけで、空調を入れたので、もう全然余裕です。

 これからますます冷え込みが厳しいと思われます。精神論で忍耐せずに、体調には気をつけてお過ごしください。







2015年11月30日月曜日

風俗


【白鐘ヒヨリ】 Japanese Culture powered by ピアプロ


 キックとスネアを打ち直したりしました。ちなみに「Japanese Culture」というふざけたタイトルですが、ニコ動にうpするときに中国の阿片窟の画像を使いたかったので、こうなりました。わざわざ中国っぽい弦楽器を入れております。(写真:阿片を吸う中国人 - Wikipedia)



 まるで「あへん吸引を促進する」ような歌詞のように感じられますが、これも実際には異なります。

すごく綺麗だよ
当たり前のことだから
こわくなんかないよ
大丈夫だから

 心が汚れている人は「すごく綺麗だよ」という部分を、クスリで見る幻覚のように解釈するようです。そうじゃないの。これは、まだ初めてで渋る異性に「綺麗だよ」と呼びかけて、「夜のお城に行こうよ!」と誘う歌詞なのです。誘うというより、むしろ「繰り返し」懇願しています。だから「かわいいよ」ではいけないのです。そういう解釈で、私は作詞をしました。だから、聞いているとちょっとだけいやらしい気分に、ならないか。どうでもいいですね。どうでもよかったのです。バカですね。

 その後少し手を加えました。キックが鳴るとサイン波がプクって鳴ります。スネアが鳴ると、ピンクノイズから生成した残余ノイズちゃんがザザっと鳴ります。キックもスネアも鳴っていないところでは、何も音がしないです。しかしさらにマスター段にはやはり残余が貼ってあります。でもまさかノイズが裏でなっているとは思わないし、聞こえないようになっているはずです。しかしノイズが曲中常に鳴っています。お時間あれば是非、こちらからDLして聞いてみてください。

 DLして聞くのがピアプロという場ではないのは重々承知ですが、ウォーミングアップも兼ねたものとして見逃していただけたら幸いです。そのウォーミングアップも都合19曲+ロードローラーのリマスタ1曲で計20曲を短期間に形にしました。フォーマットの変換に対応出来る、って、事務的だから地味だけれども、個人的には最も重要な、いわゆる「要石」ともいえるところなのです。成長したと思いたいところです。




















2015年11月28日土曜日

おもいで

 「形として残る思い出」、心の底から共感します。世の中が個々の心象を求めるような「体験」に向かっているときに、これをやるのは大変難しいけれども。

 体験には、身体がかかる範囲、という限界があります。下田さんのおっしゃる「写真」という例に、ああさすがだ、文化人は感性が鋭くて違うなあ、と感動しました。といって、私ごときにはなにもできないけれども、同世代の方がこういう感性をお持ちであるということに、まず自分の未熟さを反省させられる思いです。

 
 An experience is really limited by our body. We really owe a great deal to our body, and sometime that is also limited a physical ability. I disagree with this because we always tend to get the experience without creating something that we could see later again.

 ひとつ気楽に。

2015年11月27日金曜日

紅白

 乃木坂46紅白出場と聞いて!わーい!!

 いやーよかった、生駒さんは、去年はほぼ確実視されながらも出場を逃すという悔しい思いなさっておられたので、なんだかこっちまで悔しかったです。今年は見てみようかな。

 今までとは一味違う生駒里奈さんに勝手に期待しております。すげえな、もうなんか闘ってきた感じの堂々の貫禄だなあ。


 

2015年11月26日木曜日

ため息

 ピアプロの独自企画で、そのコンセプトである「チャンス」の説明をしているのだけれども、これを読んでいるとおよそ社会経験のある人が作ったものとは思えない。なんだか微笑ましいです。

 それだけなんでも企画ベースではじめろということなのだろうなあ。胃が痛い。

 とはいえ、それだけなんでも企画ベースではじめろということなのだろうから、時代の流れには逆らわずに、私もその発想をうまく取り入れられたらいいなと思いました。そして企画に関して最も優秀なのは実はインターネットにつながっていない初音ミクだったと思います。

 リマスタは、数えてみましたが、残り3曲です。それ終わったら、ちゃんとリンクを更新して、今年中にこれは手仕舞いにしたい。


【白鐘ヒヨリ】 かわらないまま 【オリジナル】 powered by ピアプロ













おとなげ

 もう少し大人になって欲しい、と期待しています。

 パソコンがインターネットにつながっているので、予約した鏡音リン・レンV4Xが楽しみで、もうなんか何でもリン・レンに見えてくるのです。福岡公安の警察マークにまで「おおっ」となって「あれっ」となります。

 8年ぶりの買い替えで、ちょっとした楽しみになっているのです。同じものが8年ある、というのは、画期的なことであるし、すごいことだなあ、と考える次第です。

 私は個人として、とにかく時間を守るとか、期限を守るとか、リーダーが必要なときにはリーダーの役もやるとか、そういう部分には本当に気をつけたいです。それは他人と関わるときに、ぼんやり大人でいないと、他人に迷惑をかけてしまうからです。かけたのでそこは。計画や期限を切るという嫌いな作業もしなきゃね。

 ただ、他の方に期待したいのは、そういう細かいことではなくて、なんでしょうね。うーん。まあなんかそう陰湿にじめじめ考えないで、気楽に下呂温泉とか浸かってきたら?みたいな。偉そうだったり怒ったりするひともいるけれども、そういうひとに関わっても面白くないでしょ。でもって、水に流してみませんか?お湯か。

 もうひとつは、反証するにも肯定するにも、いろんなところで、今後どうしたいんだろうな、という方向性の具体的な提示があると嬉しいけれども、いまひとつ空気が出てこないことが気がかりです。誰でもいいんだけど。下田さんでもいいし、クリプトンさんでもいいのだけれども、やりたいことはいった方がよろしいかと。

 8年間、あらゆる人が様々に学習をしたと思いますので、ここに期待をしたいところです。













2015年11月25日水曜日

女児向けアニメの音楽に夢中になるおっさん

 女児に夢中になったら、そりゃちょっとヤバいけどね。いわゆるユーロビートっぽい、いかにもavexなトラックに、従来はメッセージ性の強力な旋律が乗っかってしまい、初音ミクが出現する2007年前後には、学者(鈴木謙介)から「ギャル演歌」と呼ばれてしまっていたのです。あるいは、リズムやビートが主体になって空気になっていくのだ、といわれていました。あるいはゴリ押しの上不発に終わったEDMに、電子音楽の限界を感じた方も多かったのではないでしょうか。イギリスのシーンでは、よほどK-POPの現地版の方がかくいいと認識されているし、聞けば聞くほど全くその通りです。

 ところが、伏兵というか、とんでもない解決の策は女児向けアニメにありました。まず、歌詞のメッセージ性が引っ込みます。全くないというわけではなくて、女児向けに、恋や、家族への感謝、強く生きる、などのJ-POP的なありきたりなメッセージ性を「建前だけ」残しながら、児童向けに受けを狙っているであろう繰り返しフレーズ(シュワシュワ、などの擬音を中心としたキャッチーなフレーズを何度も繰り返す)がそれらに優先するため、歌詞の持っていた強力なメッセージ性にとどめを刺しています。

 この、はなから大して旋律に乗せる以外に目的がない軽薄な歌詞が、さらに旋律、主要なメロディを演歌調メロディから解放します。その上、文法的にめちゃくちゃな、語感の良さだけを狙って日本語も怪しいような韓国人が入れたかのような英語詞が、演歌感あふれるヨナ抜きかペンタなメロディを完全破壊します。今度はK-POPフレーバーを「取り入れた」のでした。なんだか複雑すぎてよくわからないけれども、音楽性抜群でセンスもよく、成功しています。結果が全てだと思います。

 なぜこんなことになっているのでしょうか。別にストーリー性があるだとか、ゲームとタイアップしたからだ、ということではない気がします。ある頃、そろそろavexがダサく感じられてきて、SONYが昨今トラックの運転手の目覚まし代わりに有効利用されているようなうるさいギャル演歌をはじめて、おまけに購買層を犯罪者扱いしてレーベルゲートCDなんてものを出しまくってスパイウェアまで仕込んできて以降、メインストリームには確実に彼らではない横槍である「初音ミク」を含めたボーカロイドの流行、そしてK-POPのゴリ押しとその衰退がありました。新大久保がK-POP専門店に変わったと聞いています。今はもう韓国どころか中華街になりつつあるそうですが。ボーカロイドもさすがに閑散していると聞きます。too many people (do we understand!?) でしたから、フェス嫌いにはきっつい日々でしたね。

 一方で、avexは散々でした。主要アーティストはパッとしないし、作曲家は生活レベルが落とせずに詐欺に手を染めてしまい、K-POPは韓流の源流である右翼街宣車という反社を使ってきて、松浦氏が以前のアカウント消す前にボソッとツイートしたのが「この業界義理人情なんかないよ」。その後、松浦氏は私費を投じて作曲家を助けることになります(決して「安い」額ではなかったはずです)。YouTubeは儲からないし、ライブ回帰だってトラック主体の会社でどう東京の小規模ステージでライブするんだっていう話もあり、音楽は売れない。ただ、深夜アニメでこけつつも、そのサブカルへ寄り添う流れが、どういうわけか、主流にあった作家陣を含めて一気に「アーティスト」から「女児向けゲーム」に行ったようです。これが、諸々の影響全て引き連れて、音楽的にも大当たりしています。音楽は買わなくても、変な話ゲームにはお金をガンガン投入するので、結果的にこれで当たりでしょうね。私、今東京にいないし、事情よく知らないけれども。

 さらに権利関係も複雑になっていました。例えば、アーティストとしてはユニバーサルから、アニメCDとしてはエイベックスから、という具合です。これが、さらにK-POPなので、韓国語バージョンがあり、アニメも各国放送版があって、もうわけわかんないですね。で、音楽だけ聞こうとするとうまく情報が探せない、という。頭がこんがらがるのでもう二度と説明を試みません。事務やってる人どう捌いてるんだろう。

 いろいろ参考になります。メロディってよく分からないんですよね。自分はつい歌わせてしまいがちなのだけれども、古臭くなって「ギャル演歌」になるとき、原因は繰り返しフレーズを用いないのと、ついやってしまう「歌うためのメロディ」構成にあるような気がしてきたなあ。全てに優先して繰り返しフレーズがあってもいいのかも。正直、繰り返しフレーズとテーマがあったのに、それから蛸壺に落ちたときに、案外「呪いの眼鏡」をかけて周りを見ていたために、実際には自分は蛸壺なんかに落ちてなかったんじゃないかっていう本末転倒感があるけれども。

 なげーよ。













2015年11月24日火曜日

珍しい重機のイラスト

 ピアプロのメンテ中にアクセスしてしまい、ロードローラーが描かれた工事中イラストに遭遇。か、かわいい。今日はついてるぜ、ヘッヘッヘ。

 1か月で仕事の合間をみて計画を粛々と進めなければ。ひとつは、出せるリマスタを出す。もうひとつは、計画を作ること。静岡の人は工程表ってのが好きみたいだけどね。ひと月3曲、曲だけ。これでちょっとやってみようかなと。まあそう上手くはいかないけれども。


-----------------------------------

 ところで、ちゃんとスネアが出ている例ってなんだろうと考えたとき、幾つかすごいのがあります。

Supercar - Recreation


木村カエラ「Scratch」



 シグナルPさんは全面信用できます。多分DAIさんとかを研究してたんだと思う。いまだお手本です。

【GUMI】会いたい【オリジナル曲】



 特にロックバンドの音編成で、作る側聞く側含め「そういうスネア」は求められている音なのに、いまだにきっちり必要性を満たして出てこないというか、下北系の人なんかもっときっちり取り組んだ方が良さそうなもんですが。自分もまだまだです。














2015年11月23日月曜日

テーマ別

 忙しい。

 今後この箱の中でやります、というモデルのつもりで作りました。これから何か作るとしたら、音響的な品質はここに合わせていきたいです。


【初音ミク】 こわがらないで 【オリジナル】 powered by ピアプロ

 他にも以前作ったものをこそこそとうpしています。拙いものですが、よろしければ覗いてみてください。それぞれテーマはあります。この時期に頭にあったのは、「とにかく作って出す」でした。

 この曲は、打ち込み系の音でどう品質を保てるかの挑戦でした。

【白鐘ヒヨリ】 ぽわぽわふわり 【オリジナル】 powered by ピアプロ

 こちらは、歌詞のネタが尽きた感があって、なんとも「とにかく作る!」という空気が感じられます。今回リマスタするときには、キックとスネアが別に出来ない状態で、かつ圧縮音源にするときにクリップによる歪みを防ぐ、というテーマで作りました。そのテーマとしては、上手くいったと思っています。

【桃音モモ】 向上 【オリジナル曲】 powered by ピアプロ

 この曲は、サーチュレーター兼テープシミュを使って、アナログっぽい歪みを出しつつ圧縮音源でのクリップを回避し、音圧をどこまで上げられるか、というテーマです。なので、他より少し音量が大きめです。 

【桃音モモ】 頑張らないで 【オリジナル曲】 powered by ピアプロ


 同じ時期に同様のテーマで作ったものが「しろくろ」。


しろくろ powered by ピアプロ

 次の曲は、ヒップホップなトラックでどんな感じができるかというテーマでした。

【桃音モモ】 こんなにも 【オリジナル曲】 powered by ピアプロ


 多少の自己分析を。出し切ると結果わかるので数えていないけれども、2011年の夏季から年末までに作っていたものは、量としてはアルバム1枚分程度だと思います。

 暑かったです。今年ようやく自室にはエアコンを入れたので助かってます。

 なんとびつくり。この時期は、こっそり「桃音モモ連続音その2」にも、ちょこっと関わっていたりします。多少エンジニア的な専門知識や共通認識が要る「作業」があるので。ちょこっとね。文系だけど。

 なんで昨今の文系は微積やってランダムノイズを生成してディザまでやることになったのか。不況のあおりか。意味がわかりませんね。まあディザ合成の達人になっても別にしょうもないのだけれども、ディザかけるとどうしても透明感が失われるのも圧縮音源の不安要素ですね。かといってかけなければ必ずといっていいほど制御できないタイプの不連続な音による干渉が起こってもどかしい。それでピンクノイズを崇拝しはじめて世界はピュアに包まれ、いやピュア界とそこで戦争が。それはさておき。

 まだまだ至りませんが、お気楽かつ向上心を持って取り組んでいこうと思います。気楽ながらも方向は大して変わらない。クリスマスイブにはマッチ売らなきゃ、売らないけど。

----------------------------------------

  オーオタが家電斜陽電気不況の現在に本当に「コンテンツ」を購買するのか、興味あるなあ。まあ、買わんだろうな。

 逆に、(今はもうポニーキャニオンさま扱いなのですが)自分の出したCD音源がロシアのプーチンさん筋のSNSで違法に配信されているのを発見されたときに爆笑したけれども、本当好きよね。でもあれはCDで聞かないと面白くないので、ぜひ買ってみてください。CDで聞いて印象が変わったという方も結構おられるようです。それにしてもどっから日本の音源持ってくるんだwwww

 厳密には、原盤権の中でマスタリングの部分が今はポニーキャニオンさんにあるということです(そしてその他の権利に関してはCDの方も「貸与」であり、全て自分が持っています。ですから、変な話たとえば自分でリマスタリングすればCD盤の音源も使えるという、なかなか良い話だったし、この場を借りて感謝)。いろいろお返事滞っているけれども、返事がないのはよい知らせ、いや社会的には承諾という扱いになるので、それで満足しております。それ以前に、当然名称に絡んでクリプトンさんにもあるはずだし、やっぱりちゃんと、本当はせめて許諾は取らないとね。ただ、マスタリングエンジニアさんは、とてもすごかったです。まああれこれ妄想いう人いるけど、32bitで要求されるところから、やっぱりダンストラックとかテクノとかのレーベルはちゃんとしてんのねーって。

 これまで自他問わず何枚か送り込んだけれども、手伝いでいいからCDまたやりたいな。配信でもいいけど。本当に、せめてあのヘッドルームで作業させて欲しいんだ。

 そして最後に。ロシアでは3000PVとかあると登録が云々という話ですが、プーチン政権やロシアを批判する意図は私にはありません。数百年静岡に住んでいる、もはや何の影響力もないヒラの日本人でございます。断言します。登録も必要性があれば問題なく致しますので、不備があればご連絡いただく形で、何卒ご容赦願いたいです。かつてはプチャーチン提督を救出した件などもあり、ここはロシアに対する友好の感情で溢れております。今日もウォッカ飲みました。









2015年11月22日日曜日

プリズム

 出してから1年くらい経って「俺のロードローラーだッ!」に小中学生がたくさんやってきたことがあります。最初は濃密なインターネッツから出てきたあの曲で、はてブとかついてたのに。どうもニンテンドーさんか何かで紹介されたらしく、コメントに死ね死ね団がきて焦るわけです。「助けてー!merakiaさんどうしましょう。。」と泣きが入ったことはいうまでもありません。そして冷静な指摘「ニンテンさんですよー」を聞いて、そうだったのですね!じゃあしゃないっすね、と納得するのです。恐るべき職人の冷静さ。一方の私は、見た目は大人、中身は小学生。少しは変わったものか。

 そういうわけで、少し前までは、小中学生がボーカロイドに夢中でした。今はよくわからないけれども。

 それで、どうやら小中学生には「繰り返しフレーズ」がウケるという経験則があるらしく、なるほどプリズムでしょ。




 ケセラケセラー。

 きゃわわー!これちょっと見たいな。



 しゅわしゅわしゅわベイベー。 

 これ欲しいんだけど。さすがにもう年齢的に、ちょっとマズいか。


 チェキチェキベイベ!うおおおおおめちゃええやんこれ。小中学生向けってことは、もしかすると、お父さまやお母さまにも納得していただけるもの、というわけでこれ、なのでしょうか。ちなみにキャストに宍戸留美さんが入ってます。

 CDや音源の情報集めるのが難しいんだけれども、最近の小学生はそういうのサクサク集めちゃうのかな。とりあえず映像見て満足しときます。とりあえずね。いやむっちゃいいでしょこれ。加えてプリパラかー。よく分かってないけど、面白いなあ。

 作編曲に作曲業的にいろいろ強そうな陣営が並んでいて、プリズム(プリリズ)の段階ではまだ主流だった日本盤アレンジのK-Popとか意識しているのかもしれないですね (あんま興味なかったんだけど、英語経由で入ってくるK-POPは韓国独自路線でなんかいろいろ音楽的にすごくなってる印象あります)。韓国勢の一部は右翼を使ってる!と、わりときっちりとビジネスはなさっているベックスさんの上層部がいうので、K-POPの闇は深そうだけれども。松浦社長は今はもう音楽業界の成否を握るキーパーソンというか。この世界では珍しく仁義がある方なので尊敬しております。

 現実のそういう少女向け筐体に、大きいお友達ではなくて、なんかもっと前衛的な方面の常習犯的おじいさんが出没して子供とトラブルになる、っていう話をよく聞くけれども、音楽と2次元の映像見る限りではカワイイ感じがする。

・追記
 2015現在も順次パッケージでは発売中のようです。今年の頭にCD10枚組!?なんじゃそりゃ!が出ていて、これを買えば聞けるのかな。まあもうおっさんだし長く持っててもヤバいので、CD買って曲だけ聴いたら、親戚の子供にあげちゃえばいい感じか。

 さらに調べてみると、本当にK-POPだったらしい。なぜかユニバーサル扱い。よくわからない。なんというかナマモノ扱いということなのか、足早にかけて行ったのか。

 チェキラブ


シュワシュワBABY


[직캠] 130721 퓨리티PURETTYピュリティ - 슈와슈와베이비シュワシュワBABY (HR) [코엑스]



 韓国語だー!蹴っちゃケッチャッケッチャッケッチャー。トッポギトッポギパンにガムはサムにだー!個人的な趣味としてはこっちのお姉さんの方が好きかもしれないけれども、やっぱりこれは買いだなあ、かくいい。





2015年11月21日土曜日

図で解説する最終品質の担保



 位相が乱れるわりに、潰したりしながらぞんざいに扱ってもよさそうな小物がオケです(ということにしといてください)。特にアレンジ段階で素材が手元にあるならば、品質の担保を確実にするために、こういう配置もあります。

 経験則でも、従来スネアの重要性はそれなりに唱えられていたはずです。しかし、他人のことをこの口はいえた口ではないですが、日本で流通する曲全般に、スネアはキックで手一杯で聞こえないということがあり、ここは差別化できると考えられます。こういうものはイギリスがお手本です。スネアでリミッタの天井を探るくらいでいいと思います。昔からああいうスネアを出す方法を考え続けていましたが、最近やっと理解できた。クラップでごまかすのは甘え。さーせん、さーせんした!!!!俺だよ俺。

 キックとスネアで音圧の上限をとる方法が楽だ、ということです。スネアは天井になってもスナッピーと区別つかないですから、ちょうどいいんだと思います。

 キックだけに注意が向く理由はよくわかります。最近までハードウェアでも潤沢に使わなければスペックギリギリだったのですから、キック作るだけでもすごい労力だったと思いますし、自分はそんな感じでした。

 他にベースやボーカルも、基本は定位置にあって、およそ想定外には動かないのです。想定外に動く場合もありますが、動かないということにしておいてください。そして、いつも最後に音量やアタックなどの不足を感じるのが、こういったトラックです。したがって、トータルから外して、多少のダイナミクスをつけてやってもいいと考えます。

・ただし
 今PCのお絵描きソフトで図を作ったのですが、Macで文章を書いている状態です。図を見ると色が全然違う!イラスト描かれる方のご苦労をお察しいたします、ミクの髪とか。

 やはり音の聞こえ方も機材によりまたヘッドホンなどモニターにより、いろいろ癖があって、beatsで調整しているPCでは低域がごまかせないです。でもって、キックとスネアがマスタリングでようやく入ったときに、ちゃんと鳴っているのを確認すると、やった分だけ気分が晴れやかになると思います。

 最初から正解はないけれども、900STプラスαの調整は向上を心がけたいと思います。


----------------------------


 今週もお疲れ様でした。今週の私は世界情勢の「不安」が仕事に影をさしました。現実にも、街を歩けば息苦しい同業他社の空気よ。こんなところでテロが起こるわけないだろ、というところでやたら警戒しているこの、同調を促してくる、空気。逆にいえば、それだけ商機だと勝手に勘違いして発奮しちゃってるんだよね、知性のかけらもみえないですよ。まあでもいろいろ忙しかった。ちょっとだけ怒ったりした。でも、もういいの。

 最終品質が最終解脱にみえたから、きっと疲れてるか洗脳されて智津ってる。でも、週末によいものが目にできたので、いやあ。よかった。寒くなってきました。もう若くない皆さんもそうでない人も、どうぞ体調には気をつけて暖かくしてお過ごしください。














2015年11月20日金曜日

鏡音リン・レンV4X 最新情報

 ざっくりいうと

  ・パッケージイラストが公開され、ティザーサイトが更新された
  ・発売日が「12月下旬」案内だったが、これが2015年12月24日に決まった
  ・ライブPさんの協力によるデモ曲が新たに公開された





 これで公式だから間違いないですね。

https://twitter.com/cfm_miku/status/667270001682837504


 どうやらこれが最新の状況らしい。左の黄色いのがV4X!ハイテクやできゃわわ!右のイケメンはメドベージェフさんじゃないか!ついに北海道に。



 また、海外からの情報によれば「ソックガーター」を履いている、らしい。

 https://twitter.com/KagamoneyLen/status/667303938652172288
 



 情報が錯綜している(錯綜させている)。




 残業乙!なんかこの目線に黒入ってるのヤバそうだな、いいっすねーあ^〜。ニコ生見るんだった、いや忙しくてですね。

 今日あたりティザーサイトが変更されてお披露目でしょうか。

 ここから予約ができます。めんどくさいからもう振り込んじゃった。発売日が正式に20151224に決まった模様です。さらにデモが追加された。






 素晴らしいです。

 鏡音リン・レンに関しては、とにかく注目されていた時期から落ち着いたころまで、数々のデモソングを聞いてきました。そして正直にいうと、毎回どこかで、ここはこう修正しなきゃ、ここはこうエフェクトで、という具合で考えながら聞いていました。だから、聞いた後で、毎回疲れていました。ちょっと。

 しかし今回V4Xのものはどれも「ああ、これは買ったら何もせずにすぐに使えるんだ、これすごいなあ」とか「下田は天才」などと素直に感じました。これを聞いて、なにか不満を感じるでしょうか?デモ曲も素敵です。こんなことは、今までにまだ一度もなかったのです。技術的だったり、技巧的な部分から梯子を落として聞くことができます。だから何かこう、勝手にワクワクしています。















2015年11月19日木曜日

経営

 坊や、江戸時代じゃないんだ。職人は一生職人に甘んじることはできないのだよ。

 たまに、経営を「頂点」に据えようというひとがあります。頭の悪い官僚天下り的発想といえます。しかし、

  ・実務者・職人の班長としての「キャプテン」
  ・権威的で計画と責任を持つ「部長」

のふたつは明確に区別されないといけません。キャプテンは、みんなから好かれるカリスマスター。部長は、ただ座ってる偉い人で、計画立案とその責任を持ちます。だから、キャプテンは天才で、運動神経抜群でなければいけないけれども、部長は部門に関わっていれば補欠でも構わないのです。この理屈を一切頭に入れて、表に出さずに粛々と履行します。キャプテンが「経営」していたら、いやだろ。監督する部長がいなければ歯止めがかからずに大変なだけではなく、他の組織や他者に必ず侵害を起こしてトラブルになる。

 部長は職人の信用を得るために、また全体の調整をする意味でも、ある程度仕事ができなければいけません。企画だけができる、とかナメられるだけでしょ。

 この他に、商品や債券などを担保とする「資本と投資」の運動があるけれども、これで3点になります。とはいえ、とりあえず何か立てなければ物事は進まないのが組織の考え方です。







 チームを肯定するか個々を肯定するかは議論のある問題ですが、やたらチームであることを誇る人たちから素晴らしいものができたことはありませんので、やはり混合の程度であると思うのですけれども。

右;新リン
左;新レン



















 

酒飲み





 お酒です。なんのひねりもない。ベースはウォッカ。上はブルボンから出ている「おいしいココナッツミルク」を使いました。ココナッツミルク大好き。これがまたさらりとしていておいしいのです。下はマンゴーの缶詰を丸々使っております。マンゴー自体もよくウォッカに浸かるので、大変に濃厚な味を楽しめます。大人のおやつにピッタリです。

 鍋がおいしい季節ですね。つくね団子なんかは、つまみにもよし、おかずにもよし。自宅で鍋に入れてしまえば外で食べるよりもコスパがいいし、お気に入りです。












2015年11月18日水曜日

DAW買って音出すまでの道のり

 ハジメテノオトを出す前にみな飽きて寝てしまうので、自作の曲をコンテンツの形でアップロードしているというだけで全人類が愛おしいです。

 いわゆる「パソコンで作曲に至る」までには、知られざる長い道のりがあります。ソフトを買ってから、ソフトシンセを起動できるようになるまでに何ヶ月かかりましたか?私は、2年くらい、いや、ん?もっとかも。

  1. DAWを買う
  2. シンセやエフェクトを起動できる
  3. ミックスができる
  4. マスタリングができる
  5. 適切なディザなどで最終マスター品質にできる

 いつになったら曲ができるんだよ!と。私の周りで多少でもDAWが使えるという人は、いなかったですね。ひとりもいないです。みんな買うところまで。

 でも、クソ広い世の中には10代で専門学校や音大などに入って、使いこなしてしまう天才もいます。それはほんの一部。

 他にもギターとかドラムの音作りの知識まで必要です。よい入門書があればいいけれども、どれもダラダラと網羅的なものばかりで、シンプルなものがない。できるから偉いというわけではないけれども、自分でやるひとは、みんな結構険しい道を歩いてきたんじゃないかな。それをどうするにも、簡単には、中々ね。実際にはかなり険しい。

 鏡音リン・レン、ダウンロード版あるのに間違えてパッケージ版買っちゃったかもしれない。バカだった。まあ大した違いじゃないし、問題ないかな。なんかね、DL版と、そうでないものとあります。それぞれに日本語版と、日本語版に英語版をバンドルしたものがあって、これがまたなあ、さらに優待価格がどうのこうのってあって、全部ページが違うんだけど、同じ絵で同じようなページなんだよな。中身同じだしどうでもいいけど、色々バージョンがあると難しいと勉強になった。

 それはさておき、一時期ボカロで (真剣にやってる感じで)曲作るのがいい加減面倒くさくなってきた時期があって、特に歌詞が全然出てこなかったので、どうしようか悩みました。でも生産性の向上には興味があったのです。

 その頃、J-POPの歌詞がみんな同じだと話題になりました。それで、自分でも徹底的によく出るフレーズを取り出してみて、「何かを隠す」とか散々わざとらしく使った曲があります。その後も詩作を重ねたのですが、詩人の才能がイラストが描けないレベルに、全くないです。だからといって盗作したりするのはよくないし、けれども真面目に歌詞を考えたり、ごく真剣にこう、なんつかな。あんまり論理的整合性ばかり先立ってしまうのは好きではないけれども、出会った別れた何かを探す、ってんなら別に論理的整合性さえあれば公共に対する危害はないですよね。いや、無免許とか、反社会性を表に出す例もあるけれども、それでも例えば、たいして恋をしたことがないのに女心を捉える歌詞をかけるわけないじゃないですか。.. そこでストリングスのサンプリング素材みたいに切り貼りをすれば、やったねリア充じゃん!みたいな。いってて悲しくなってきたな。フェス嫌いって音楽ジャンルもあるんだよ爆発しろクソが!

 最近やっと出したい音が数だけ安定して出せるようになりました。関心も音にあります。歌詞を書ける人を馬鹿にしているわけではなくて、「東京タワー」みたいな歌詞を書けていたら、僕も明日にはボーカロイドになれますよ、ということです。なれないよね。なれないですよ。

 たまに下北の弱小(でもないか)ライブハウスが、とりあえず営業日に店を開店して回しておかなければいけないので、こいつはヤバいというのをチョイスして無理やり企画したような内輪くさいイベントに遊びに行ってみると、うおなんだこいつはすげえ、みたいな人がいて、びっくりします。といっていい加減昔の話だけれども、そういうイベントというのはライブハウスの音楽聴きまくってる玄人筋が選んだむちゃくちゃうまい人というのが出ていて、出演者として行けば無茶苦茶タイトなプレイを求められ、聞き手として行けば音楽ってすげえ感を得て帰るのですが、音楽関連業務のすべての領域にもれなくそういう人がいて、そこで勝負するというのはもうある意味では名人芸なので、厳しいですね。

 ピンキー姉貴みたいな女の人がキックとスネアだけのドラムを叩いていて、何かその辺の現場で働いてそうな男の人がボーカルで、どう考えても基本的構成からは少なすぎて音楽できるはずがないのに、もう理屈ではない完璧以上なものを演奏しているとか、そういう、何か人智を超えた領域があって、そういうのは、音楽に対する自分の大衆的な姿勢を反省しながら、おとなしくなって聞いていなければいけないです。下北沢は怖いところです。

 それに、ちょっと人格に難があるから、自分で歌詞を考えると、政府与党の方針に反するタイプになりかねないです。ギリギリそういうところでわざとらしく聞こえるように「県民の税金」という単語を出したことはあります。けれども、ナチュラルに考えると記憶も低下してやがて徘徊老人になるのがオチで、自分の力で考えた歌詞がどうなってしまうかってちょっと怖いですよねー。っていうか日頃、私が世界平和とか考えてるように見えたら、それはちょっとね。あなた人を見る目に欠けますよ。早く死にたいとか、人生は消化試合だとか、画像の検索をしなきゃとか、おっと。そんなことばかり考えています。

 なので「並べ替え」を使おうとまた画策しています。反社会性を逆手にとって、そういうところに使っていきたいですね。反社会性を逆手にとって、そういうところに使っていきたいですね。反社会性を逆手にとって、そういうところに使っていきたいですね。3度いいました。話題になったのは5年以上前ですが、今でも全然いけそうじゃないかな、「永遠」に桜散ってるし。さてニンベンのついた自働化でどこまで生産性を上げられるか、いろいろと捗りますね。

 初音ミクが07年に注目されるまで、実は歌詞なんか考える必要もなかったんだよなあ。すごいね。あんまりコスパばっかりになっても辛いだけっぽいけど。














ハイレゾ

 ハイレゾは、賛否両論あるけれども歓迎です。

 シンプルにいうと、ハイレゾとされる入れ物に入っていないと、音量が規格にとどまらないから音が悪いです。この問題があって、これがMP3などの圧縮音源に関する「聴き手」と「作り手」どちらにも共通してデメリットになります。これが、ハイレゾ的なものだと解決します。作る側としては、ピークメーターを監視するのは非常に苛立たしいと思います。ここでいう作る側は主に「原盤」の関係ですが、まあいいんですよ。

 音量が問題になる。周波数とかそういうものを解説する前に、ここを提示できないから、何やら音がよくなる怪しい水みたいなものが先行してしまって、いまひとつに感じるのでは。すっごくいろいろいいたいけれども。

 結果論として意外と広まっているので、もう少し真面目に考えてもよさげなもんだけど、どうなんですかね。CGMの音楽は、MP3やMP4で曲を聴いた分だけ、後でピークメーターをその時間分かそれ以上きっちり監視するという恐ろしい罰を受けていたと思います。


---------------------------


 細かいことをいうと、なんで圧縮やディザに合わせて音量整えるとか余計な作業増やすんだよー、という話ですね。だからダメなんだよ。10年分程度無駄になってる。それでも、映像があるのだから、圧縮規格に合致させていかなければいけないのだろうなあ、という話もあるか。今考えているシナリオは、「ある程度」まで合わせた後の念入りで-2dbにしておいて、単体で聴くときにリミット外して2448とか2496なら嘘がないし、努力義務果たしてるという解釈。-2dbでも音圧間それなりに担保できる感じに技巧派にはなってきたけれども。

 これって、

  あのアーティストはカバーが多いから駄目
  あいつはCDに握手券つけてるからアウトだ
  存在している時点でこいつの曲は買わない

 みたいな瑣末な問題ではなくて(いやいや、そういうことをいっていた時期もあるけれども、坊やだったと反省すべき)、音響に関する極めて思想・哲学的な重要問題で、これに関して私は過激派です。当該問題の解決のためなら、下に何も身につけず空も飛びます。いや大人だからそんな過激なことしないけど。むしろ、してもいいのよ。

 そんな与太話してたら少し先が、見えてきませんか?それともまた堂々巡りか。












2015年11月17日火曜日

黒川紀章

 みんなサビーナでテンゲってる?嘘ですごめんなさい、いってみたかっただけです。

 作曲と、音響。以下は、ふっつーにマスターにフランジャーとかファズを挿す話ですので、苦手な方はそっと閉じてください。

 作曲では、手元のサンプリング素材をもっと使ってみようというのが課題です。例えば、弦楽器のソフトウェアはクオリティ求めるとすごく高いです。しかし、コスパを考えたとき、オーケストラアレンジを自分で考えるほど脳みそが発達していないdeath..

 そこで、サンプリングされた弦楽器の素材とか使ってしまえと。ジャズフュージョンっぽい複雑なドラムなんかもそうなのだけれども。ただ、音は自分で作ってしまう。

 音響面では、やっすいデジタルなエフェクトの組み合わせで意図通りのアナログ感をどこまで再現出来るか、という抽象的な目標を立てています。その中で、ビットクラッシャーという、そのままでは音質が下がるだけのクソ使えなさそうなやつと、ノイズゲートという、なんか買えばどこにでも入ってそうなふたつを使い倒したいです。マスター段でいいや。⇦これですよこれ。

 共通して、手持ちの素材をどう組み合わせ、それで一定の品質を維持・担保できるのか、という項目にかかってきます。コスパは冗談として、最近は本当にアホな遊びをする時間がないです。もう三十路なので、音楽聞いたり作ったりしてる暇あったら、一枚でも世界のその、ああいう、画像や動画を検索した方が有意義です。なんか、そういうものにいつの日か携わりたいですね。なんだよそういうものって。いやまあいうだけならタダだからな。

 バレーの話してんだよ。

 スネアのゲート処理にシンバルが乗ってしまって持ち上がるとか、そういう細かいのはご愛嬌っす。むしろ、詮索すると何やってるか理解出来る形の方が教育的配慮であるといえます。うっわ偉そうに。むっちゃ偉そうだな。やーいお前のかーちゃんАлтынбекова

 バレーの話してんだよ。

 お酒の話なのですが、ウォッカ、マジで美味いなぁ。こんな美味しいもの飲んでるから死亡率高いんだよな。ちびちび飲んでたら一週間で空いてしまった。

 タイトルの黒川紀章さんに何か関係あるのかというと、私恥ずかしながら、最近テンゲが市場相場制に移行するまで、カザフの首都が黒川さんの設計であるという事実を存じ上げませんでした。










2015年11月16日月曜日

ソビエトのお酒は美味しい

 今週平日はまた忙しくなりそうです。ウォッカ、体力を奪いながらすごい勢いで減っていく。美味しくて、焼酎好きにもオススメですよ。最近はもうストレートでクイッとね。朝から 笑。その分きっちり仕事には集中しないとダメだけれども。UTAUの曲がもう少しあるので、折を見てはいじってみようと思います。合間の作業ですが、次への地ならしの意味もありつつ、よかったら聞いてみてください。

 今週には鏡音さんに振り込まなきゃね。こんなところ見てないだろうけれども、watさんには仮に振り込んだ後でも〆切なんか気にせず、ご自身や下田さままで納得するような形ならいくらでも待ちますから、どーぞどーぞ、もうここまで来て、こまけえこたあね。いいんだよ。と伝えたいものですが。心身の健康を第一にひとつ追い込みうまくいなしてください。〆切は、いいんで、本当。待ちますから。気楽にね。何か下田さん含めた制作側で、新製品に抱いているイメージみたいなものがあれば、ちょっとばかし聞いてみたいけれども。

はいせつ

 テツガク的なことを考えていたら導き出されたのは、「GO IS GOD」でした。とても汚いタイトルなのですが、排泄は音に似ています。

 この音を出したい!と思っていて出ない状態は便秘。出るときは快便で、便秘と快便を往復するのが出音の不安定、意図しない歪みは、何らかの痔だ、と考えると、相場観じゃないけど、私の考えている音響観というものを明快に説明できるのです。

 いぼ痔とかあるとうんこの形変わるじゃん。あれですよあれ。そうあれ。

 うんちだね。クソだな。

 歳をとると肛門が緩みやすいとかで。その分、いろいろ食事もおいしいものが食べられたりして、濃厚な排泄が、いやもうやめますけどね。昨日本当に疲れていやな1日だったけれども、翌日これが浮かんで、もう全てどうでもよくなってきたのでした。苦あれば楽あり。最近の私の出音は、安い機材でも意図通りに出てくれます。排便は、ちょっとまだボラギノールがですね。。この議論がバカにできないのは、肺臓気流を肺の容積から割り出すという先端的な物理モデリングの研究のように、便の総量と形状、それに対する快・不快の感情によって、個々人の出音の要求を数理論理的に把握できるということです。

 KBSトリオとかもまあね。最初はリアルボーカロイドみたいな髪の色だしなんかとっつきにくかったけれども、哲学的諸問題よりも実践的問題の解決を明快に導き出していると感じることが多い昨今です。

 ただ、「曲」を排泄しているのではなくて、あくまで「音」で発想すると、こういう例えもできるということです。念のため強調させていただきますが、音の話です。出音の。

 それから、個人的にですが、ジハーディ・ジョンさん。どうか安らかに眠ってください。彼とその上層機関によるメディア戦略は、遠く日本に届いたとき、私たちの手で、遊びの道具として、完膚なきまでにコケにされてしまいました。こうして、イスラム国のカッコイイ印象の勧誘戦略が、これを海外大手メディアが次々に報じたこともあり、徹底的にダサい印象に置き換えられて機能しなくなるという、ネット利用の戦闘員勧誘戦略において致命的なヒビを入れられてしまいました。さらに、今やその失敗した宣伝の象徴で、人質の取り扱いに関する要にあった彼は、最後はシリアにおいて、米軍空爆により車両ごと爆撃され死亡したということです。あまりに悲壮で、また壮絶な負け方で終えた人生でした。長い間、お疲れさまでした、ありがとう。人格者で、イスラム国内では「イギリスの兄弟」と慕われていました。8500kmがもっと近く感じられたら、また別の関わり方があったかもしれないと思いますし、あと数百年、数千年と時間が経過したときには、融和できることを望みたいものです。














2015年11月15日日曜日

まあねえ

 いろいろ思うところあり。ぼちぼち小銭を拾いながら趣味で音いじりするのがいいですね。他人から評価されるとか社会と関わるとか、労働とか、そういうものに興味関心がさっぱりなくなってしまった。疲れるし、疲れました。どうせ私は畳の上では死ねないけれども、世間との諍いから身を離し、とかく問題になるようなこと、例えば人を殺したり、とかせずに、けれども国やら世間にはできる限り頼らずに、ひとりで庭でもいじりながら適当に外をブラブラ歩けたらそれでいいですね。そういうところに幸福を感じる。小銭を拾うのはまったくもって遊びではないけれども。

 私は三十路になると、まるで有事の円買いのごとく急に体力が衰えて下降の一途、それでやる気が失せました。次第に記憶の限界が狭まり、肩が上がらなくなり、動悸息切れをするようになり、まあ元からだけど色恋に興味もなくなり。どうせダメ人間ですよ、人間のフリするのもいい加減だるい。

 そんなに働くための(つまり労働市場の)敷居を高くして、一体何をしたいのか全く理解できないし、これはそのまま労働の衆愚になっている。

 そういうのが格好いいのだとか、この価値観はダサいという話ではなくて、体力に見合った減退をしていこうと思いました。もう少し小銭拾ったら、楽なことならやりますよ。迷惑にならない程度に近所のゴミ拾ったりとかね。体力が落ちたときに、可能な限りは、人としてダメにならないように努めてみたいです。

 しかしね、宮沢賢治のように教科書的ではないのよ。ある女性が「60になったら不倫くらいお目こぼしでしょう」といったときに、20代の私は本音で「いやいや(ないない)」と答えました。しかしね。最近、60になって生きていたら、不倫はないけれども、海外旅行の片道切符は、これはお目こぼしだろうな、とは、思う、ちょっとだけね。ちょっとだけ。先っちょだけ。先っちょだけだから。いうだけならタダだから。海外で善行を働いてアフガニスタンの太陽になろうというのではないです。そんなもの日本円の前には、塵ですよ。塵。塵。世の中なにで回ってるか、これだけは忘れてはいけない、せやで。





 いやー、西瓜割りしちゃいかんですわな。








2015年11月14日土曜日

ピアプロ


 ピアプロの運営さまに幾つかチョイスしていただきました。8年間、大変なサイト運営を本当にありがとうございます。

 今後とも、ぜひ仲良く、そしてお互い楽しくしていけたらと思います。もちろん危害や損害を加えたりする意図は一切ありません。ひとつよろしくお引き立てのほどお願い申し上げる次第でございます。至らぬところや疑義があれば、お手数ながら、お問い合わせください。まあ固いことはこれくらいで。



 年末までに一通りうpしたいところです。


 英語で検索したらJBFの即興。




 すごいうまいかっこいい。コミコン?で毎年強引に振っているようですが、とても気前のよいファンサービスですよね。生で聴けたらラッキーだろうなあ。中の人の声をいろいろ聴き込みたいです。
 今週のインターネット上での下田先生は「贈る言葉」をご推薦でした。サザンに金八、どんな意図なのかなあ、とか。親父のカセットに入ってたかなあ。
 さて、痔と腰痛を耐えながら英語の試験を受けてきます。よく学生に「国家資格を取るといいよ!」と吹聴する人がいますが、労働に直結する理系の学部であれば、電験はじめ卒業時点で資格は取得できますから、その土俵で勝負する必要はありません。進んで畜産物になろうというのであればどうぞ。そういう人生も楽しいでしょう。私は、足は速い人に任せます。もう歩けないわ。
 それに、理系は就職に有利だったけれども、それは昔の話。あなたの行く工場はもうないのよ。シャープな目のつけ方をしたばっかりに。
 これからは幸之助の格言を全て逆手にしないとやっていけないでしょう。まずはやってみせるとあれば、やってはいけないやらせておけ。一人で儲けるのではなく皆で儲けるとあれば、周りを出し抜き俺が俺がという魑魅魍魎を皆殺しにして逃げ切れ。
 例えば、法文経済系なら語学を活かして、国際情勢や国家間のマクロ経済をアナーキスティックに捉えて、普段批判している商工業でのリーダーシップを発揮してみるとか、一番ヒールにされる存在である為替を逆にやってみるとか、いろいろ逃げ道はあると思います。そりゃまあね、詳細に批判されているものこそ、それこそがまさにビジネスですからね。皮肉ですね。国家資格なら医師がいいけれども、それも医者の先生の重労働を見たら、ああ、と気がつくと思います。だから私は、医者は(細かい経緯にかかわらず)絶対に尊敬しろといつもいっております。外国語の成績は悪いですか?芸術家に芸術の成績聞く人はいないですよ。「あなたはまだ自分の秘めた魅力や可能性に気がついていないのよ。」みたいな。
 そこでリスクをとって「声優になりたい!」とか「ボカロPになりたい!」みたいなのもポケモンマスター目指すレベルで面白いですけれどもね。


 ・Soundless Voice




 








2015年11月13日金曜日

東京タワー

「東京タワー」拝郷メイコ

 思わず号泣。この歌詞は響くなあ。

 こんなのライブで聞いたら泣き崩れて帰れなくなる。ハイレゾなりコンテンツを探そう。そんなこんなで数日前に買ったばかりのウォッカを朝から飲んでいたら、際限なく減っていくのでした。

 このスカイツリーな時期にあえて東京タワーという、ある意味長年「お上りさん」、あるいは我々のような新幹線による地方からの参覲交代連中に象徴的なものを持ってくるあたりも、そして後半の胸にグッとくる考えさせられる展開も、素晴らしいです。いや私なんかがどうこういってもうまくいい表せないですが。ええ。






2015年11月11日水曜日

どさくさ➕ひんしつ➕おしらせ


 以前に作った曲の位相を整え、MP3でもクリップせずに楽しめるように音量や音圧感を調整して、数日〜数週間おきにピアプロにうpしております。アーカイブ目的もありますが、以前より聴きやすく仕上がりました。お聴きいただけたら嬉しいです。返信とか滞っている件、大変申し訳ございません。ツイートでのご紹介、それにピアプロさんからのご紹介も、ありがとうございます。全て目を通しております。






【桃音モモ】 どくだみ 【オリジナル曲】 powered by ピアプロ


【重音テト】 ちかくてとおい 【オリジナル曲】 powered by ピアプロ


【桃音モモ】 えんとつ 【オリジナル曲】 powered by ピアプロ


【桃音モモ】 知りたい 【オリジナル曲】 powered by ピアプロ


ふうせん powered by ピアプロ

 「ふうせん」は音圧が低いですが、これはお試しで、比較的新しい規格で-13LUFSを試しました。私は工学に関する考え方では、安全性を優先します。その点からは、家庭用アンプの出力考えると、音量が小さすぎるために、再生機器の音量を上げすぎて突発的なピークを出しそうで危険な領域ではあります。

 もうしばらく続きますので、よろしければたまに覗いていただけたらと。

 以下、手直しに当たって幾つかの指針を。

・道具としての品質
 品質の管理と、最近では定型のマスタリングという形で行われる品質の「担保」も重要であると感じます。それは、半端なものではメインストリームや法人業務の牙城を崩すことはできないからです。この傾向を明らかにしたのは、音に関してはムネオハウスからのムーヴメントであり、映像に関しては自販機先生、Oikawa先生、それにわかむらPさんといった方々でもあります。

 ここでは、音に関することに焦点を当てていきます。

 ミックスから上がってくる時に、マスタリング時に必要な情報は、

  1. 別トラックでの「スネア」と「キック」
  2. 楽曲のテンポ情報(BPM)
  3. 楽曲構成と留意点、調の情報

というものになります。エントリーシートにこれ3つだけあれば十分ですが、1. に関しては守られた試しがなく、やっていることも複雑で説明するのは難しいと思います。場合によってはミックス時のトラックやボーカルの修正などもマスタリング側で行いますが、こういった例外は多々あります。求められたら大したことではないので、半日程度みて、やりましょう。

・最終音量と音圧
 大変重要なことなので何度もいいますが、上げることも下げることもできないと品質を決定することができないので、両方身につける必要があります。その上で、さらに前提として指針を持ち、それを他者に説明して、実際に聴感上でも確認が可能であれば、なんでもいいと思います。「顧客の要求」と需要筋の「空気」を読んで、落とし気味にしたりあげ気味にしたりを決める必要があり、答えはありません。例えば、クリップしてるからオンアツガー、という人も、クリップまで含めて曲だという人もいるし、本当に色々な解釈があり、どれも正しいのです。私も迷いがあります。先輩後輩の手伝いを全国流通もさせたり、自分ではオリコンでもランクインしたけれども、正解は時と場合によるので(もっと言ってしまえば、他人に一任することもあるのです)、未だにわかりません。CDとMP3でも違うし、ファイルの形式も色々ですから。

 音圧を下げるにしても上げるにしても、アナログ歪みを使わなければならずにジレンマを感じることも結構あります。ほとんどはMP3など圧縮音源の低ビットレート時の挙動の不正に問題があるのであって、制作側には瑕疵はありません。圧縮規格を作ったエンジニアと、それを容認・積極流布した企業・法人群の空気が諸悪の根源なのです。だから、余計なフィルタとか最近は極力避けて、計算上の整合性だけ取りたいのだけれども、まあそう、理屈どおりには、ね。まあそんなのどうでもいいじゃん、こまけーこたぁいいんだよ。

 てなわけで、向上心を忘れずに取り組んでまいります。

 今後とも益々お引き立て賜りたく存じます。

・予約について
 あと、鏡音リン・レンV4Xは英語版バンドルで予約しました!ワクワク。勝手にバナー貼っちゃえ!w



 実は、私は乱数Pさんのツイートを見て「予約開始」を知りました。クリプトンさんのツイッターアカウントはいっぱいあります。その中で、告知は主に「SONICWIRE」で行われたいたようです。予約はすでに開始されていて、お金も振り込めます。郵送で送られてくるそうです。以前に、例えば鏡音リン・レンを2007年に買って、08年にAct2の頒布に合わせて鏡音リン・レンのユーザー登録をしていると、今回発売される商品(日本語版と、日本語版に英語版がバンドルされたもの)のうち、ひとつを、割引のある優待価格で購入することができます。この処理は、クリプトンさんの方で自動判別してくれます。カートに入れてから「チェックアウト」とかいうボタンを押すと注文が確定するので、メールでやってくる「振り込め」というところにお金を振り込みます。

 私もそうなのですが、企業も情報源が分散しがちですね。多分「せーのっ」って一斉に情報を出すのでしょうけれども、流れていってしまうのも難しい。ピアプロブログはいつの間にか初音ミク公式ブログになっていました。初音ミク先生は偉大だ。

 ただ、製作も佳境であり、相当苦戦しているようですので、本当に告知された12月下旬に届くかどうか、それは分かりません。その辺りは、一般的な感覚としては、生暖かい目と信頼で乗り切る感じでしょうか。

 それにしても、こういう調整って一度やり始めると泥沼で。。






















2015年11月9日月曜日

アイドルヽ(・∀・)ノ

 アイドル研究会やりたい。やーだー!やるのー!やるからね!うるせーやらねーならお前クビだクビ!You are fired!!


 生駒さん(目上の方にちゃん付けは恐れ多いのでご容赦を。。)が聴いていたと知って以来、急にアイドルに興味が出てきたのです。いやあ、興味関心ってのはわからないものですね、横から蹴りを入れられてハッとする感じで。あーっ服変わってるー!

 そういえば、誰かの母ちゃんの世代がスターからアイドルに変わる節目という奴でしたね。まあどうでもええがな。もっとちゃんと話聞いとけばよかった。

 世間が好況のときの方が、アイドルは売れないそうです。これって、コンテンツに関しては、実感としてすごくしっくりくるのだけれども。まさに、今こそ「不況」ですね。断言します。例えば90年代の、世間の好況と反する不況のアイドルに関しては、宍戸留美さんが散々サイゾーに書かれておられるので、大変興味深く拝読させていただいております。ご苦労されたとお察しいたします。

 でも、景気との相関はどういうことなのでしょうか。浜田省吾的な、不景気の地方で「いつかは手にするビッグマネー」みたいなものをアイドルに投影する、ということなのか。経済成長著しいベトナムの女の子に、セレブ代表のテイラー・スウィフトが人気なのとも関係あるのかな。

 あとは、サンミュージック社長の邸宅が成城にあった関係で、岡田有希子ゆかりの地もあるとか。何気にあの辺はアイドルと関係が深い、ってそりゃそうか成城だもんな。何でも口にしていいわけではないのですが、見聞きしたこと、直接話したこと、確かに情報量は多いですね。

 他にもレイヴォーンじゃないけど、いわば伝説である岡田有希子さんの世代に、男のひとでも早逝された方がおられたり、アイドルの世界は本当に広いなあ、と。

 もちろん、誰かのカーチャンが会いに行けないアイドルである一方、生駒さんがおられるところの総長が「おニャン子クラブ」という会いに行ける方のアイドルを企画運営してやっておられたり、その流れを汲んだ乃木坂46であったりして。面白いですね。

 さらにTKプロデュース初期のサウンド。さすがにすごい。





 30代なので実は強烈な小室アレルギーがあるけれども、これはすんなり聴ける。もうひとつsweet planetもゲワイや小室ファミリーのような強烈さではないです。それでもこのイントロ用のクソぶっといキックとFMのBassです。アイドル面白い。

・J-POP以前 −−− 東京は夜の7時前
 アイドルいいねー、というのを、ボーカロイドってバーチャル「アイドル」になるはずだったところを考えながら、新しい鏡音リン・レンのフィギュアの写真とか検索しつつ、本当に髪の色は黄色であったのかを含めて、いろいろ反省するのです。

 バブル前の微妙な時期というのがあって、オタクな界隈にも様々な音楽が溢れます。



 例えばこのアニメなどは、大人気であった前作からの続編という期待を全く裏切らずに進みますが(登場したキャラクタがよく死ぬ)、ここでもアイドルが主題歌に起用されていきます。すぐ浮かぶのが、歌うアイドルとしての森口博子さんです。編曲やアレンジャーがメインストリームに出てくるのもこの頃ですが、その後バブルを過ぎて、編曲者がひょう窃に手を染める、いわゆる記念樹事件のような問題も発生してきます。

 これ難しいですね。まあでも、力の入れどころが最近は間違っているだろうということは分かるのです。今更、J-POPを聞きたいか?というところで、そうでもない、みたいな。いや、アイドルの方が聞きたいな、という。そしてアイドルを感じたい。丁度K-POPも廃れて、コリアタウンに中国の店が出来ているそうで、J-POPなんかもうどうでもいいじゃん、みたいな感じするんですよね。ストーリー付けるだの企画書だのタイアップだの、いろいろ御託を並べるのは楽しいのですが、とりあえずプロの人には聴けるコンテンツをもっと研ぎ澄まして作ってもらいたいです。我々は音楽を聴くときにストーリーを読みたいのではなくて、音楽が聴きたいんですよ。もっと具体的には、権利の教科書通りに、旋律と、音響を聴きたいはず。「空気みたいな音楽」とかどうでもいいんですよ、旋律聴きたいんだよ。そういうのは現代音楽がやればいい。それに、ハイレゾ対応機材が欲しいのではなくて、1曲540円も出して買うコンテンツに聴き入りたい。それウォッカより高い金払って聞く価値がある役務を提供しているの?それ以上の答えはないですが、アイドルの話ではなくなってしまうので。

 そこにアイドルはどう関わってくるのかしら。声優さんでもアイドルでもアーティストよりでもどこよりでもなんでもいいんだけれども。とにかく手が届きそうで手は届かないという商品を作るときに、差別化できるのは音作りとか、もっと基本的な、例えばスネアの音とかキックの音とか、そんなもんじゃないのかね。

 「タムタムでわかる」といっていた元祖アイドルもこの通りスネアとキックです。




・『狭小住宅』のような歌詞への配慮
 あと、声優やアイドルが意地悪い女の子のキモチを歌う、とかなんの需要もないからすぐやめた方がいいですね。素面でなんぼであって、BLっぽいアイドルの歌詞にもっと学ぶべきです。お前の性的な素性なんか知りたくもないよ、みたいな。ホンネはラブホでやってもらって、タテマエは化粧して出てくれ、という人が結構いて、頭抱える。需要がないところに供給するのは馬鹿ですよ。うんこするなってんじゃなくて、人前でセックス始めるなってことです。知らないお姉さんが「赤い実熟れてぐちゅぐちゅ」というような歌詞を歌っているのを聴くと、正直吐き気がする。キモい。それが許されるのは本当に本当にごく一部のエリートだけで、なんかその辺にいそう系は特にやってはいけない禁忌だと考えます。人を選ぶけれども、それでもやるならどうぞって感じで。

 Работа есть работа.    仕事=仕事

 ああいう手法は、なんかドキっとさせられる、とでも思ってんのかな。気持ち悪いだけなんだよな。今すぐやめて欲しいですね。ち❌まるこのノ□チさんが「あたしの赤い実もう熟れきってる」とか歌いだして、それでモノが売れるのか、売れないでしょう。「芸術」したいなら補助金で舞台に立ったらいい。そしてこれが俗にいうアーティストシーナアップルな訳で、アイドルではないでしょう。もうそれ毒饅頭ってみんな知ってるから異化効果も薄い。ノ□チさんがラブホのムーミンの常連でもそれは趣味として受け入れられるのだけれども、彼女のありのままを受け入れることはできない。全裸で攻めてきたら責任持って必殺!公衆送信拳で撃ち墜とさなければいけない。その歌詞の先は、せめて不特定多数でないはずの、特定多数かもしれないけれども、キミのカレピッピと楽しんでくれと。
 
 何より、売上が悪い人たちのやり方を踏襲するわけにはいかないんですよね。今、上で示唆した方法論の人たちはアイドルを何人も潰している、まるでVガンダムの製作陣のような連中です。唯一違うのは、ガンダムはキャラが死んでも売れるけれども、アイドルは売れないしその上死ぬっていう。

 だからといって、70-80年代のアイドル曲のような露骨な疑似恋愛みたいな歌詞を歌わせたらこれも違和感しかなくて、じゃあどうすればいいのだろう。わかりません。


・これからの趣味者の労働
 正直、趣味の人はどうすればいいのかな。わかんないですね。教えてください、CGMはこのまま死ぬのですか。技術改良に依存するのでしょうか。わからないですね、本当に万策が尽きてしまった。ただ、「お金」が関わるときには、プロアマ関係なく勘定の話ですから、世界はフラットだなあ、と思いました。

 けれども、ですよ。これは意地の話ですが、プロに形で負けても、実質的な勝負で負けるのは、これは悔しいですよね。特に音響面で敗者になるのは耐えがたい屈辱というか。なんだろうね、職人殺しっていうかね。ただ、なんにせよ、もちろんアイドルにしても、いいものは、いい。そうして今日も私たちは巨人の肩に乗っている。


 話は変わりますが、反省と別に、小林亜星さんのあれこれを眺め、趣味であれ職であれ、お金などが関わるときに変に気を緩めて、妙なパクリなんかに流れてやっちゃいけないなと、気を引き締めるところです。

 さらに話が変わると、結局はこうなるんだ。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm27492072


 UTAUっていい感じに上の方の音階で、ある閾値を超えると歪みが入ってくるのが気持ちいいですよね、そして洗脳されると。UTAUの音声作ったご本人も視聴済みのようだけれども、(日本語に堪能な)外国の方なので、ジョークであると分かっているかどうかは不明です。何かに似ていると思ったのだけれども、私が探していたのはエルトン・ジョンでした。




cf. エルジョン・トン http://www.nicovideo.jp/watch/sm21926053

 意識がパーンってなりました。 インターネッツは生きているなあ、いい時代ですよ。このオウムの音楽は、まだアングラなインターネットの時代から素材として楽しまれていたものです。これも語ると長いのですが、この音楽関連を指揮した石井⇨シガチョフ、というネットワークが、公安も真っ青なロシア的破壊工作を我が国の国内で展開しようとする事件にまで発展するのです。ちなみにシガチョフはロシアの方のインターネットにまだいますよ。

 一方で、ぼくらのアイドル下田さんは、中村繪里子さん(アイマスでは閣下役)に影響されて、ライブをやりたいそうです。下田さんは、折に触れて示唆していることがあります。それは人間の歌える音階についての認識を持ってね、ということです。ぜひライブやって欲しいなあ。いつかプリズム2とかに採用されたら歌ってもらえるかもしれません。

 さらに関係ないけれども、前に曲を紹介した『水の中のナイフ』の監督、チャイナタウンとかで有名なニューシネマ系の方でロマン・ポランスキーですが、最近またアメリカで騒ぎになっているようで、興味のある方は調べてみるとよろしいものかと。少女への淫行の件りのようですが、忙しくて英語の情報を読み切れていません。大変な人ですね。実はマンソンの信奉者に妻を殺されたりもしているのです。

 これ以上講釈垂れても面白くないので、ここまでですが。ここまで熱くなれるアイドルってやっぱりすげえな。私は誰かと話すとトラブルになるので、あまり話さないようにします。キュウセイシャーのーカナメーイシーそれがークソムシー。
















2015年11月8日日曜日

レンのセーラー服

https://twitter.com/vocaloid_cv_cfm/status/662963967426367489

 どうも話を総合すると、もう予約始まってるのかしら?欲をいうと、もうちょっと鏡音リン・レンのPR(例えば、いつ売り出す計画です、程度の話)は見たいかもしれない。

 いや私がチェックしに行くのが筋ですよね。「お前が汗水たらして売るんだよ」、と幻聴が聞こえてくる??でもってログイン(久々でスマソ)したら、わーお。安!?

 「2015年12月下旬リリース予定」だそうです。通常価格より優待価格が相当また気前が良いので、あまりクリプトンで直接買わない古い人は、頑張って昔のシリアル探すとかやったほうがよさげですね。

 日本語のデータと、日本語と英語ができるやつがありました。ここは大人買いだろうな。すげえなあ、英語で歌っちゃうのか。すげえ。天才下田さんの「特技」を踏襲しているではないか。最近の子はコクサイ的に立派に育っているのか。あたしゃ英語とか高校受験以来ですよ。This is a pen. Give me chocolate! It is not our policy to give in to terrorist demands,” a government spokesman stressed. 


Мизантропия


 楽しみだなー。うむうむ。どうなっていくのかしら。

 平らになれ、というようなぼんやりと抱いた初心のようなものをを忘れずに、生きていきたいものです。













2015年11月7日土曜日

とりつくろい

 ぼちぼちうpさせていただきますので興味のある方にはご覧いただけたらと。
 http://piapro.jp/my_page/?view=content&pid=honorary_chairman

 今回のチャレンジは、ふたつです。

 まず、できる限りMP3の低ビットレート構成でもクリップしないように、音量を下げちゃっているところです。特に、音圧がー!とかそういう発想ではないです。規格の問題に対処してみたということです。いや、善処ですね。そもパッケージ品を売らせてくれたら、こんな辛い思いをしなくてもいいという人はかなり多いだろうけれども、まあね、いろいろね。

 もうひとつは、音量感をまばらながら、今回は計画上も揃えてから出しております。アーカイブとしてまとめたいという意図です。散らばっちゃうと探すの大変ですからね。

 忙しい、ただただ忙しいです。結局キンズマラウリはまだ買えておらず、近所で手に入れたウォッカを希釈して飲んでおります。昼から。これでロシア人だぜ。今週から英語のテストがあるのに、こんな田舎でも外は工事の騒音が絶えません。貧乏暇なし。










2015年11月2日月曜日

11月

 今日もまた忙しく、なにもできません。充実しているといえば充実しているか。
 寒くなりました。暖かくして、ぜひ体調に気をつけてお過ごしください。


 まあなんか祭日なので。昼夜を問わず数週間自己裁量で働き続けた結果、お金持ち(?)になり、自分へのごほうび(笑)くらいはなんか頼んでもいいよね、ってことでグルジアワイン「キンズマラウリ」を飲もうと思っています。巷では「クレオパトラの涙」なんていって売り出し中で、宣伝文句には「チャーチルも愛し、クレムリンで振る舞われた」などと謳われております。けれども、それは西側向けの情報工作で、実際にはかのスターリンを生んだ(アメリカでいうところのブッシュを生んだテキサス?)グルジアにあって、スターリンが最も愛したといわれるワインです。



 しかし購入までのプロセスは微妙なバランスです。

 Amazonや楽天でたのむと、ここは静岡なので、当日に届くわけではなく、それに送料が相当かかります。一方で、近所にはそういったワインは扱っていないし、唯一知っているインポートモノの店である成城石井もイタリアやフランスをメインにしています。それにしても小田急で成城くんだりまで行くのは怠いし、他にないものかと。

 それで、どうもひとつ例外があって、ドンキホーテにはグルジアワインを置いてある店があるようです。さすがドンキ。これも我が家から自転車で片道1時間半。

 まあでも寝酒は欲しいので (仕事柄かなり睡眠に問題があるのです)、さてどうしたものか。



 と、考えているうちに速報が。乃木坂さん生駒さんオリコン1位おめでとうございます!
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151103-00000059-nksports-ent

 yahooニュースはきめ細やかで便利ですねー。








2015年10月27日火曜日

UTAUは?

 UTAUの音源を随時ピアプロにうpしていこうかなと考えております。
 一応、一応ですけれども。ボーカロイド関係の音源に関しては大概ピアプロにまとめてあり、そうでないものは動画から辿れるようになっております(ex. 『思い出カメラ』)
 UTAUのやつはいいのかどうか、なにか私自身よくわかってなかったのだけれども、実際音源があって消されていないので、いいのでしょう。というわけで、しばしお待ちを。
 タダではゲイがないので、多少手直しをいたします。でも今聞くともうこんな手を込んだものは作れそうにない。。

2015年10月24日土曜日

びっくり!君の食事もまっかっか

 秋は恋に仕事に学業に大忙しですね。みんなそれ春でも夏でもいってんじゃん、ちょーうけるー!みたいな感じで、私は超多忙な一週間でした。貧乏暇なし。貧しいながらもとぼとぼと元気に生きております。

 


 ボルシチをいただきました。具材が大きく、ビーフもほどよいやわらかさで、なによりこの赤いスープがまた味わい深い。大変おいしかったです。
 5日ぶっ通し24時間仮眠で通してひたすら頑張っていたので、なんだか頭が回転した状態のまま土曜に突入してしまい、多少虚無感があります。まあでも終わりよければで、気持ちのよい週末でございます。皆様よい週末を! Приятных выходных.





2015年10月21日水曜日

Борщ

 音楽の話ばかりするのは興がないので。
 オリンピックの閉会式でクマの目に涙が流れて感動して以来、ロシアに興味があり、ロシア語まで一通り自分で勉強したりしました。そして、近所のスーパーにボルシチのレトルト食品があるので買ってみる、というよくわからないところにたどり着きました。
 ちなみにお値段はレトルト棚の王者でした。打倒ツァーリズム!見た感じまったく売れてなさそうだったのですけれども。今ルーブル安だから、安くならないかなーってところで、でも日本製なんですよねこれ。有名料理店のレトルト化商品ですね。いつか行ってみたい。
 今食べている暇がまったくないので、ちょっと開けるのが楽しみ。


2015年10月18日日曜日

水中

Krzysztof Komeda - "Ballad for Bernt" (Knife in the water - Roman Polanski, 1962)


 まだ午後の早くから、「アルメニア」「美女」などの言葉で検索をはじめました。ばかですね。すると、ポーランドのクラクフにも美女が多いとかで、そこから同国の首都ワルシャワへ。ワルシャワの芸術家にコメダさんがおり、おもしろい名前だなあと調べていたらここへ。またひとつ賢くなりました!

2015年10月15日木曜日

Боже мой..


 富士山も山頂に雪がちらほらみえます。今年は師走に試験を受けたり、来年も年始から方々を回ったりするので、忙しくなりそうだという予定がみえてきました。いつになったら落ち着けるものか。走っている最中に転んでしまうかわからないけれども、まあ余裕っすよ、余裕。



 そういえば、数年前に購入してほとんど使っていなかった1TBのHDDが壊れてしまいました。形あるものに絶対長持ちはあっても、その裏で確実に寿命へと迫っているのだなと。このパソコン壊れるとちょっと困るな。
 そうはいいながら、一方でひらめくこともあり。昔は位相がどーしても整わなかったけれども、左右別に振ってから遅延がほとんどないEQで周波数を調整し、周波数でどうにもならない残りはコンプかけてみたら、はあ、ようやくきれいになりました。若い頃にできなかったことや分からなかったことができるようになると嬉しいです。

________________________


 やっと週末。先週金曜を1日はやく土曜と勘違いしていたのは内緒です。
 生きていくためにお仕事はしなければいけません。それで、今週の分析と来週の動向をアタリ付けなければいけないけれども、今週は心に余裕を持って散歩とか買い物とかしつつのんびりできそうです。いやはや。














2015年10月12日月曜日

さいじつ

 富士山は山頂にほんのり雪化粧で、いよいよ冬に向かっている静岡東部です。
 私は、DTMでもしようということで、トラックと音量をいじっておりました。
 理屈は分からないけれども、キックとスネアは後から入れた方が自分はまとまるなあ、というところで、うーむ、もう夕方。

 そういえば、全農連PさんとすけっちPさんがいっしょに舞台に立たれたということで、いろいろこみ上げるものがありました。遠くからですが、若い方々の今後のさらなるご活躍を祈念いたしております。



2015年10月10日土曜日

音楽コンテンツ制作とふたつの柱

 今後の音作りに際して、私は以下のふたつのことを取り入れていきます。理論的背景を整えて、外部からの干渉を防いで心労を軽減しようということです。

・サンプリング
 サンプリング素材を多用します。言い換えると、サンプリング素材を少し買い揃えたい感じです。音源、ではなくて、サンプリング素材。
 素材次第では、品質が上がります。また、制作効率がよくなります。余計なミックスや素材作成の手間が省けるからです。
 従来、サンプリングCDのような素材集を使うとき、そのまま使うと罪悪感がありました。権利問題などは、なにをどのように使って権利上クリアであると素材ごときちんと確認し、正規ルートで入手したことを担保すればそれで良いのだけれども、それってゲージツ的にどーなんすかねー、みたいな話ですね。はい。
 けれども、そういった「創造性」は、現代において特段要求されていないのです。特に、税金大量投入した国策芸術の領域から影響のあるオーケストラアレンジなどは、手間がかかり、頭も使うのですが、サンプリングされた素材を使ってしまえば余計な手間を省けます。ものによるけどね。ものによる。
 今ここで考えているのは、単純に「効率化」に重きが置かれた環境です。もし、いちからすべてつくれ、といわれたら、いちどころかゼロからでも100にします。そんなこという人はいないし、またそのことに、なにか意味はあるのでしょうか。それは、教育的側面からは、意義深い行為です。しかし、場合によっては意味のない、あるいは増えた工程分のマイナスになる蓋然性が高い行為でもあります。

・MP3など配信音源の品質に関してクリップを担保しない
 MP3などに変換したときの品質を、一切保証しません。心労が減ります。
 インターサンプルピークまでは考慮する必要があります。しかし、それ以外は一切必要がない行為です。これにより、歪ませすぎた状態を回避し、リミッターの味を生かせるマスタリングができます。
 これは本当に思想的なものです。waveやaiffなどでクリップせず、盤にしたときにもクリップしなければ問題ないのだけれども、一部の自称プロのミックス?とかそんなかんじの人が、MP3にしたときに歪んでいるだとかなんだとか、販売代理店の文言をそのまま使ってくるわけですね。それは間違っているということです。コスパと両立しながら、品質を求めるなら非圧縮で「買ってもらう」しかないし、自分でも「買う」しかない。
 あとよくわからないけれども、音圧に関していうなら-13LUFSか、そんな細かいこと言わないで-6db程度あたりまで下げちゃえばいいのでは、という発想もあります。音量が小さくても聞いたかんじが素晴らしかったもので、iTunesで買えるものを、Jazz以外で。なんかあったかな。そうだすきなよアニメだ!





 私は音楽が趣味なので、音楽のことしかいえないです。ここでの話もあくまで音楽の話になります。ひとつご了承ください。
 心労といっても、以前のように、とにかくやることなすこと注目されてしまい、嫉妬や誤解も生むとか、いやな役を買って、他の批判をやりすごさせる、というような泥沼の時期は過ぎて、いよいよ理想と向き合う時間が来たのかな。いつも現実現実いってるからねー。意外っしょこれ。
 今、もし「新しいこと」をやって、あれもこれもと集中砲火を浴びている人がいたら、実はなんらかの要因で注目を集めることはそんなに頻度の高いことではないから、そういうときに欲しい理論は手軽にはみつからないでしょう。そこで心労やプレッシャーを感じたら、いろいろ思い出してみてください。わかっている人はいます、大丈夫です。安心してください。
 

-----------------------------------------


 いやまてまて。ラウドネス関係は、放送のデジタル化以降に規格が入り乱れて錯綜しているという悪夢のような状況だなあ。私のようなひとは気にしなくていいけれども、たとえば国によって、またCMとMVは厳密には音量や、ピークから平均化したRMSや音量などの扱いが違ったりしますが、重要なことは「実は (さも決まっているかのように述べている困ったひとがいるけれども)まだなにも決まっていない」、つまり「未確認で進行形」という。さすが音楽業界、潰れてもクズの集まりだなあ。だれかしらリーダーシップで舵きりしてくれて、親方の船にみんなで乗るのがいいと思うんですけどね。ネット発とか下からの変化は無理でしょうこれね。東京に期待して終わりにします。