2016年9月29日木曜日

いろいろな国のいろいろな音楽を聴こうという話

 私は、J-POPではスネアが出ていない、だから売れない、商品未満だ、と毎回いいます。いうからには自分の曲は絶対そんな風にはしないのです。音に関しては。

 その昔、誰と戦っていたのか。 Mary J Blige さんです。キックも出ていますが、しっかりスネアもでています。かっちりした音です。



 そして、Urban Mysticさん。シュガー!リミックス主体の曲であることに気が付いたでしょうか。スネアとキックが別だからこそこの音が出ます。よく邪推する人がいるけれども、カネかけたとか、いいスタジオで録音した、とか、それだけではないのです。

 

 どう説明したらいいか悩みますが、専門的な話をしても理解できないのでやめます。出来上がったトラック(曲)のBPMがあっていたら、と、ここまで専門的ですが、さらに職人的になるところで、専門的にやってあれば、上からキックとスネアを好みの音で重ねることができる、ということです。音の質感を決める重要な要素です。