2017年4月30日日曜日

The climate here

The climate here is mild and healthy. However, at the change of seasons, it subject to extreme climatic changes in Japan.

Japan will soon envelope in the fresh green of spring.

Nowadays more and more people who use the mastodon are increasing. Have a nice day, haha!

2017年4月22日土曜日

mastodonをはじめてみました

 mastodonをはじめてみました。

 最初はドワンゴの鯖でアカウントを取得したのですが、激寒でした。というのは、もう相手にされていないニコニコ動画の話をしなければいけなかったりして、正直つまらないのです。

 なので外国語(英語)をメインにしようと思い、海外鯖mastodon.cloudにアカウントを取得。しかしここも、英語はほとんど話されていなくて、スペイン語、フランス語、そして日本語メインでした。まあでもこれでいいやって感じで。

 案の定、急激な日本語ユーザーの増加によって外国の人たちに「日本語がわからないので言語フィルターを入れて」みたいなことをいわれたりする状況もありますが、当分なにかしら英語とか日本語で遊んでいると思います。抑え気味ですがよろしく。

 あとはlineか、こっちは必要なのでアカウント作らないといけないんですよね。

2017年4月19日水曜日

今年は忙しくなるぞなもし

 どうやら暇していられるのは今月だけっぽいのでブログを更新したりします。

 しかし世の中に不満も特になく、強いて言えば、源内あおちゃんがいないこの世界なんかもう何の意味があるんだって感じですね。物欲の先が奇妙ですが、ニッパーでも買おうかな。静岡ですが生放送系のメディアをちゃんとスケジュール立てると最近はアニメも楽しめます。ぶっちゃけそこまでのおたくでもないけれども、最近は面白いものやクオリティ高いものが多いので、スケジュールが生命線に。

 keepは、こういうときに限らず便利です。メモしておいたりリマインダーセットしたり、また複数端末でもクラウドなのでスムーズに回覧できます。

 それにしても、眼鏡とか時計とか、生活にかかわる諸々、いろいろ修理するにも、時間がかかりますね。いやはや。

 音楽はThe Beatles の Little Child を散々流しています。With The Beatles というアルバムに入っていると思います。

2017年4月14日金曜日

Lineの強制登録

 基地外と仕事以外で関わるのが嫌でSNSはロシアのVKしかやっていないのです。しかし、半ばインフラ化したLineとかいうやつを企業が使っていて、嫌々登録することになりそうです。twitter?ああ、私やってないですよ、知りませんそんなもの。

 まだツイッターとかやってるんすか?マジやめた方がいいっすよくだらない。

 田舎だけに、なんか通信インフラにそういうもの使うの強制されるのは、非常にメンドクサイものがあります。だって登録すると連絡先漏れたりするんでしょあれ。なんかダルいわー。

 SNS、出来る限り使いたくない。形式上登録して関係切れたらこっそり退会しようっと。

2017年4月12日水曜日

アイドルとアイドルを囲む集団

 アイドルや宗教は家族の代わりになるか? 無縁の共同体の可能性――佐々木俊尚×白河桃子対談


 佐々木俊尚先生と白河桃子氏の対談です。『サイゾーウーマン』の記事なので「えー、大丈夫なの?」と思われるかもしれませんが、この記事は比較的大丈夫なものです。

 まず、アイドルとその周辺にできる共同体は、性別によってざっくり分けることができて、女性は主にアイドルを囲う共同体を構成するが、男性ではアイドルと対等な関係の上で争奪競争をするそうです。

男性は「神と自分の一対一」、女性は「教会に集まる人たちとの共同体」を重視しているように感じます。(佐々木談より引用)

 私個人的には、なるほど言われてみれば、と。

 私の場合、仮想の男女、両方とも扱うという少しラディカルなことをやってきていたのです(微妙にアイドルとは違う)。それを女性のアイドル、つまり競争的な方の共同体に属する人が取り上げたこともありました。

 一方でこれ、経験上、仮想の存在が顔になっていると、それを作っている人の性別とか、受け手と送り手の違いだとか混交だとか、非常に複雑で、本当にそうなのかな、と思うところもあります。財を媒介可能かどうかも、少し違います。でも、人間とか芸能界に関しては(オリコン上位に並ぶようなアイドルとか)、おっしゃる通りなのだと感じます。そして、そういう対応(集団の構成方法)が求められる部分もあるんだなと。

 それで、サイゾーの記事では、コミュニティとして結婚が増えたが、それは景気減速で結婚して帰属する女性が増えたので、そうでなく、もっと気楽に入れる、束縛されないコミュニティの需要が模索される、と。これに関して、佐々木先生はこう述べます。

 「出入り自由な共同体」「束縛されないけど安心感がある共同体」、二律背反したものを求める人が実際増えてきている。“無縁の共同体”が、いい関係性を作れるんじゃないかと期待しています。(同引用)

 ただ、白河さんはそこには「保障」の面でまだ到達に壁があるのだといいます。

 女性のアイドルを女性が囲む、ということも増えていますが、こういう場合には保障を介さない気軽さもあるのかもしれません。保障かあ。なんとも私の紹介もまとまりが悪いですが、難しいですね。ムズい。宗教であれば、保障は、もちろん存在しないですが。

2017年4月11日火曜日

2017年4月10日月曜日

スコア1500!

 さっきインターネット接続ができないときにできるゲームでスコア1500までいきました!

 そこでまさかのインターネット接続がはじまってしまい、スクショは取れませんでした( ノД`)シクシク…

2017年4月7日金曜日

ストーカー対策 プロの視点

 警備員時代、自宅に泥棒に入られた私が、商業施設に忍び寄るストーカーについて解説します。

・どういう人がストーカーになるのか。どうやって愛を伝えてくるのか
 正直予測できないしわかりませんが、実際の現場を経験したところでは「頭がおかしい」以外の感想は出なかったです。誰もがストーカーになる可能性がある、というのはむしろ「痴情のもつれ」であり、どちらかというとストーキングは、頭がおかしくなっている人がやっているという印象が圧倒的です。

 たとえば、50過ぎの軽自動車に乗ってくるおっさんが、20代前半の女性に勝手な思い込みから強烈に常識を外れたアプローチをします。たとえばそう。こうです。「きみは!ぼくを!好きにちがいない!でないと、分かっているな!」っていう脅迫的なラブレターを書きます。脅迫状っていいそうになるけれども、「ラブレター」です。

・なぜ?どうして?
 しりませんよ。わかったら怖いですよ。

・どういうところに出るのか
 稚拙なものであれば、人がたくさん集まるところで、こいつはストーカーに分類を確実にできる、というアプローチをしてきます。人の集まるところでは、犯罪が多く起こります。バレバレの盗撮犯、バレバレの万引き犯がいます。そのなかで、知識のないバレバレのストーカーがやはり存在します。これが俗にいうストーカーです。なぜなら、単なる不審者ではなくそのストーキングの行為を「現認」できるからです。

・「守ってください!」
 私が守ります!という人も多いでしょうけれども。いいですねそういうの。

 ただ、私の個人的な見解としては、仕事として見張りか警備立哨はするけれども、そんな他人のために命張るまでの給料もらってねーんだから、知らねーよ、金払え、っていう感想以上にはなりません。冷たいですか?もっとわかりやすくいうと、なんかあったら勝手に死ね。というのが正直な感想。ですが、そんなことは一切いいません!仕事なので。要するに、形だけ仕事はするけれども、正直めんどくせーし、けーさつがやれよと思います。何いったってわが身が可愛い。

 Mで待ってるやつもうグッナーイ。

・ケーサツは守ってくれますか?
 そういう感じは驚くほど受けませんでした。

・じゃあどうすれば
 かなり低い確率のハズレが入っているおみくじでハズレを引いたんじゃないですか。昔のニコニコ動画みたいなもので、かならず人の集まるところで仕事をすれば、頭のおかしい人がやるひどいことがあります。リスクです。

 上述のような視点で、いちいち現認だの商売だのやってるから悲劇が起こるのでしょうね。

 まあそういう古い話はいいので、面白いこととか楽しいこと考えたいですね。とはいえ「『家』の潰し方」とか調べる日々ですが。

 そういえば、今年の冬アニメって日常モノが多数(ドラゴンと暮らしたり、女子高生がSIMカード持って戦いながら日常謳歌していたり、云々)だったところ、ひとつとんでもないロードムービーがあって大ヒットした感じなのか。しかもビクター入ってるのもあって音作りが一番よかったという話も。

痴女、馬鹿大家

 藤本萌々子おねえさまがtwitterで防犯について書かれていたのですが、まあそれは美人だからというのもあるのでしょうけれども。

 ここにさえないおっさんがいます。学生時代からさえないおっさんだったのです。で、駅前のアパートで一人暮らししていて怖かった痴女の話を書きます。どうせ不細工だからと思わずに新生活始める方は気を付けてください。

・部屋にズカズカ入ってくるパワー系痴女
 「こんにちわー!」とかいっているので外を見ると、なんか高級ブランド品をやたら身に着けた、街の雰囲気に合わないおねえさんがいるのです。やたら高飛車な感じでしたね。「何だこいつ」と思いながら、へいへいなんすかー?って戸を開けたら、部屋を見せてほしいといわれました。意味わからないですよね、面白くなさそうだし。この時点でもう痴女は侵入する気満々な態度でした。

 当然ですが、私は全力で断りました。当時は、私は部屋が汚い人だったのでなおさらです。

 ところが、この女、「いや、見せてもらうだけだから」とかいってズカズカ入ってくる。危うく押し切られそうになったけれども、もうこうなると、こっちも田舎者なので「てめーふざけんなぶっ〇すぞわれ!」「ちょっとだけだから!」「いや困る!」といって押し問答です。怖かった。パワー系の痴女です。あの常識の無い女はなんだったのか、今でも不思議です。

 とりあえず、部屋が直接見えないように仕切りをしておいて正解でした。しかし私も男なのでなまじ助けを呼ぶとかそういう痴漢対策みたいな知識がないので、とても危なかったと思います。

・馬鹿大家
 パワー系痴女に出会う前に住んでいた家では、近隣で一家惨殺殺人事件が起こったのを隠したうえ、その場所が区画整理で一年で強制退去が決まっているのに、そういった不都合を隠して契約させた馬鹿大家がいました。キャンパスの移動がない進学先だったので、非常に困りました。

 物件はあまちゃんの学生がやってる生協なんかあてにならないので、必ず駅前の不動産屋で紹介してもらったほうがいいです。

 殺人事件は後で知ってドン引きでした。犯人は今もつかまっていないそうです。しかも近隣の高校は『真夏の夜の淫夢』で有名な会社の、逮捕された社長が務めていた高校でした。金融危機で私学が大損して売りさばいた野球場もあったし、治安悪いんですよね。本当はしっかり調べておくべきですが、そんなこと分からないのでどうしようもない。

 都会にはいい人も多いし、実際ほとんどいい人だけれども、正直困った人もいます。特に何らかのセキュリティを突破してくる暴漢・痴女には要注意です。当たって砕けても損だけはしないように。

・美人はミスコンに出ない
 あと異性にいえることですが、美人ほどミスコンを避けます。これは進学後に話していて知ったのだけれども、別に女性の中の悪口とかではなしに、ミスコンは危ないという認識がかなりあるそうです。ミスコンとか有名なところだと出るものだと思うじゃないですか。違うんですよねこれ。最近は組織立っているようですが、私も話聞く限りあれは危ないと思います。

・なんでこんなことを?
 実は私、警備のプロなのでした。その点からの話はまた少し別で、キャリアを警備から始めた知り合いともよく話しますし、いろいろあるのですが、それはまた、別の話です。ストーカー対策にとりあえずの鉄砲玉として駆り出されたりします、いやですよね、怖い。

2017年4月6日木曜日

富士市に迫る邪悪 ??


 ヤバいですね。行政ホントにこういうの好きですね、フォントだけに。なんでだろう。諸々丁寧に対応していただいたのだけれども、最後に封筒で笑ってしまった。

 なにがこのフォントを強いるのか。邪推ですが、マイクロソフトの「ワード」で何から何まで全部やっているため、このフォントが出てくるのだと考えます。

 明朝体にするとか、そういう選択肢はなかったのかな。むしろハズすときには「創英角ポップ体」という選択肢になっちゃっているのかもしれませんね。

 そうした状況で、前任者が使っていたとか既成事実にされていたら、私なら逆らえないなあ。文句ではなく笑い話として。



 アニメ業界ってすごい大変そう。昨日ソ連の戦車が走っていると思うと、最近は日本の流派別剣術を描き分けているそうで。声優の藤田咲さんもミクかと思ったら明後日でクマやってたりします。ボカロでもクレイアニメ以外のアニメの方はあまりご一緒した記憶がないですね。多分、暇人にはかまってられないんだろうなあ。忙しそうだ。絶体自分には向いていない世界ですね。。

2017年4月5日水曜日

ニコニコ動画に動画を投稿しました

 ざっくりいうとYouTubeにうpした自分の動画をダウンロードして、それを転載しました。あら便利。

 音量が小さいとか、音圧が低い、みたいなご感想を持たれるかもしれません。転載する過程で小さくなりましたが、それは意図的なものです。やったーちいさくなったー!みたいにメーターで確認してGOしてます。

 音質劣化の主たる原因は、こういう場合にはフィルタを通る過程で起こる音量のピーキングによるもので、音量が小さくなってしまえば、あまり関係ないものだと考えています。

 あと最近のマイブームが小音量を増幅して聞く感じなので。最近の再生機器も、従来に比べて音量がでかいのが流行りみたいですよ。

 というわけで、見かけた際にはよろしくお願い致しますー。

------------------------------------------------------------

『愛のコントローラー』

『universal design』

『まるでヘリコプター』

2017年4月3日月曜日

最近気になっているものいくつか

『ポプテピピック (竹書房)』アニメ化

【やじうまPC Watch】VAIO type Pの後釜になる? Windows 10搭載8.2型クラムシェル「KS-PRO」 ~Snapdragon 835を搭載。Indiegogoで資金調達中 - PC Watch 
 クラムシェル=折り畳み

・Comet (smartphone)
 個人的に「すぐに買おう!」という気はないです。1年以上出荷が遅れているが、開発は継続中とのこと。どうなるのか様子が気になる。クラウドファウンディングを利用した世界初の「浮く」スマホ(というコンセプト)。




 けものフレンズ、YotaPhone2、Nextbit Robinには引き続き興味関心があります。ケツデカピングー、ご立派和田さんのおせちんこ、なども最近流行っています。要注目です。





 「ちんこ」とか「うんこ」のコンテンツ性って相当高いものがあると感じます。やりすぎるとしつこいけれども。恋の駆け引きとかなんか無意味に難しそうで思い込みとかもあって大変ですよね。そこいくと「ち〇こ」や「う〇こ」は太古の昔から使われる常套句ですから。

やりたいひと

・complicit
 共謀、「なあなあ」の関係。ちなみにexplicitは「明示的な」、ですが、英語母語圏では日本語の「露骨な」という意味でも使われます。

2017年4月2日日曜日

妖怪だらけだね

 妖怪はいます。インターネッツでみました。ピック隠し、チン毛散らし。。

 しかしそれ以上に驚いたのは、我々の世代になじみのある「いうこと聞かないと迎えに来る」鬼太郎のエンディングが吉幾三さんの作品で、タイトルが「おばけがイクゾー」だったことです。

 ホント恥ずかしながら存じあげませんでしたが、いわれてみるとなんとなくIKZOって感じのコミカルさも。この曲になじみきっていて、吉さんが歌唱されていることに全く気が付かなかったのです。子どもの頃は本気で怖がっていましたが、大人になってあらためて調べてみるとなるほどなるほど。..どう考えてもパンティ被ってる吉さんの方が迎えに来るだろうな。

 吉幾三さんすごすぎるでしょ。

 ちなみにこの時期のアニメはまだアナログ制作ですが、アニメの音楽を扱う会社を中心に音源はなんともうデジタル制作なので、買ってみるとあら不思議で、映像と音質が違ってめっちゃ得した感がします。