2016年6月1日水曜日

迷うわ〜

 他人の悪口いってるだけなら誰にでもできるのですよ。

 楽しいけれども、その楽しい時間をいつまでもダラダラと続けるわけにはいかないのです、大人だから。ただ、最近の鏡音リン・レン周辺がどうなっているのか、雑でも簡単な解説が求められていたのは事実だと思うのよ。それは、こなしました。なので、いきなり元に戻って音作りの話になります。

 一度全部外して、やはり、必要なものは戻しました。真空管シミュとかは、外さなくてよかった。横槍が入ってたじろぐということはそれだけ迷いがあったということでしょう。その筋の妖怪さまには、本当ご足労ありがとうございました。妖怪は、いるのです。

 で、結局は低域を大幅に変えました。難しかったけれども、やっと慣れてきたし、まあそこそこ揃え直しもできてよかった、と思います。TPは相変わらずよく分からないけれども、勧告される仕様は「TPマイナス1db」らしい。すごい杜撰だよねこれ。うちのMOTUのピークとTP微妙に違うし、本当にこれは部品ごと、つまりDACのICの数だけ違うのではないでしょうか。努力値.. ホームシアターとかおっしゃってますが、そうするとメーカーの人はおそらく「DSPを通すか通さないか」の話を教えてくださると思います。これも聴感上は、違いますね。実測は面倒なのでしていないけれども、ラウドネスは主に圧縮や映像の関係であって、あんまり頑張りすぎても効果がわからなくなりそう。映像なら、本来はもっと音量がっつり下げちゃうし。とりあえず、よくなっていけばいいか。

 ボカロも局面がだいぶ変わると思っています。いや、現在進行形で諸々が変わっていると思うので、こういうときこそラウドネスにも気を割いてみる感じですかねえ。RMSで「だいたい」12以下になった。あー疲れた。

 キャラクターには気を使うべきなのだけれども、最近「鏡音レン」ばかり使っているのは、特に「リンが嫌い!ムキィ‼︎」、とかじゃないですので。ソフト買って使わないと分からないと思うし、説明するの大変なのだけれども、ふたつ理由があります。っていうか買いなさいよ。二人いると処理が追いつかないというのと、びっくりするほど処理が楽になったので使っているということ。

 とにかくまず、昔は手のかかる連中でした。それが二体あるということで、処理もその分増えていきます。しかしこればかりは、バージョンが新しくなってもそれなりに大変なので、手を抜いている側面が強いです。 .. SEX MIX, 全部聞き分けられましたよ。

 次に、鏡音レンで曲を作って、今までに何曲がボツになっていったかを考えていただければ、どうしてこんなに執拗に使っているかご理解いただけると思います。あるいは、1曲に3年かけてボツ、とかありました。手がかかったのです。まあいいですよ、そういうのは歴史的経緯で、苦手な人もいるのでしょう?逆に、本当にV4Xは買うべきですね。これはとてもよいです。あの、変わってないとおっしゃる方おられるかもしれませんが、私は確かに変わっていないと思います。しかし、こういうのもなんなのですけれども、私はちょっとかなり凝り性だったので、作業が楽になっただけで済んだのです。現に、すごい量出していますよね。ええ。まあそういうことなのですよ。うん。そういうことです。

 ついでに英語ライブラリを正月以来使っていないのは、「英語のネイティブスピーカー」が原因です。ノンネイティブってブランドが好きでしたね。文句いったり、気に入らないものを批判するのは構わないのですが、私「儲けを出すのが悪い」とは一言もいっていません。出ていない理由は流通。そう、流通の問題があるんですよ、深い闇がね。ちゃんとしてくれているし、クリプトンさんに「も」キャラクターを介してお金が行く形のあれこれは、是非やってみたいですね、話逸れましたね。まあ残りは機会があれば、クリプトンさんと直接やりとりしてきます。

 何?お金がないのですか?でも文句はいいたい?うん!わかりました。

 カラダで払ってください。( ◠‿◠ )

 英語がおかしかろうと日本語がおかしかろうと、何も伝えなくていいよ。聞く耳ないから。