2016年5月30日月曜日

出てこなければやられなかったのに!

 おふくろさんよ〜おふくろさん〜

 まあ、でも諸々の手前で、この辺にしといてやるよ。さよならゾンビ先輩って感じだね。どうせまた再生数とか自分で回してんでしょ、あれ。今後ますますそういう「死体」を蹴るのが楽しみになってくるね。

 大人なら生身の感情、私的な好き嫌い、で物事を判断するのはよくないですよ。私も(必死に芸術やエンタメから身を遠ざけようとしてきたせいで)かなり長い社会経験者なので、単なる子どものお遊びに関しては「俗物が」といってしまう。

 アルシンベコバが帰国したバレーなんか知らんよ司令官。すべてZガンダムで例えてくれ。セガに関係した人たちが残していった名台詞を集めてみようか。

 私も連絡をあまりしないのは良くないのかもしれない。もうさ、レジェンドだからね、コンテンツ作らなくてもいいでしょ。ただまあ、「仕事は仕事」、「趣味は趣味」。

 最近のボカロは、バックに「サークル」じゃなくて「事務所」が入って仕事でも「同人」らしいから(これ同人やってる人的にはNGじゃないかと思いつつ)、じゃあ俺ももう何かしらプロするかな。

 鏡音リン・レンの場合、従来セガが売ってきた「初音ミク」の領域と少し違うし、そういう自由度を持たせられるようにすごく苦心して立ち回ってきたの。だから、あのセガに関係する自由度に欠く、なんかキャラクターにロボトミー手術したようなコンテンツを抜いたほうが、ある意味盛り上がる、というのはなかなか皮肉が効いてるよね。ご参考までに。cf. 『カッコーの巣の上で

 ロボトミー殺人事件





 ニューシネマつながりのコメダゴリ押し。

 詫びがひとつも来ないんだけどさ、そんな態度では使用許諾は出さないから。なぜ素直に「ごめんなさい」といってこないのか、不思議で仕方がない。ガキだな本当に。「こんな話が舞い込んできました」?お前らほんと優先順位つけた連絡とか謝罪もサクサクできないんだな。お前さ、別に何も作ってないじゃん。そんなさ、飛道具みたいなオーケストラだの、とってつけの日本絵画展なんかその筋には批判しかないし、なんか意味あんの?何で基本をやらないわけ?

お断りします

リンレンEXPO開催中止のお知らせ

期待で物を売るな

期待で物を売るな(二度目)

期待で物を売るな(三度目)




 最初は声優さんに注目しつつ、その後は『鏡音リン・レン』にかかる内部の事情を詳細に描いています。同人ゴロがどういう連中で、どういった傾向があるのか。また、彼らの精神的未熟さや立ち回りの職人色、至らなさから、もうすでに数年前には同人ゴロと関わるメリットが薄くなり、嫌になっている人たちが出ている、ということも述べています。これを読むと、新規性を求めるときに、どうしても「コミュニケーション」を「とらない」という方向に行かなければならない理由も少しわかるかなと。それは、(芸術肌だから、といって彼らの中でも特に一部の人たちの、グレーゾーンなき現実対応を、寛容な心で、いやもはや慈悲深く、看過してきた)最初期の私たちにも問題があるのです。それがセガとよろしくやってしまい、実力も特にないまま同人ゴロワールドから出てきてしまったために問題が発生します。

 新宿の料亭。絶対に怒らないmerakiaさんが珍しく「あの対応はない」とおっしゃっていたときに、そのある対応をした人を「まあまあ」と擁護したのは私です。しかし、いつだってmerakiaさんは私などよりも全て正確で賢明、鋭い判断をされていました。だからはっきりいって、あれは、わしが育ててしまったのじゃ。なんということ(をしてくれたの)でしょう。


 これも昔からいってるけど、もう少し子育ての苦労を理解してもらいたいね。

 朝日新聞の記者が現場で恫喝したんですってよ。理由は「4kの動画が再生できなかった」。4kの動画が再生できないとマジであの「謝罪と賠償を!」ってくるらしいよ、うっわ。あれも抜きだな。社として謝罪はないのかな、そういうやつ。「対応しない」という選択肢はないんだよ。君たち本当に情弱だね。