2016年1月15日金曜日

名誉会長P高域補正システム「E.S.R.S.」

 「エセレゾ」と読みます。CD品質のマスターから、職人的な感性と経験により、高品位ハイレゾ対応の高域補正レゾリューションをご提供いたします。これにより、高域の問題に、従来の音楽業界にない画期的なソリューションを以下略。どっかで使っていこう。

 ヒントは、適当に基音とりだして、そこからLFOで矩形波にしただけです。あとはEQとアナライザでチョチョイノチョイよ。

 あと、ものすごく残念な話だけれども、エセレゾの方が取り回しが良くて効果もあるので、私はこっちの方が好きです。多分ね、高域を別のツイーターで鳴らすときには、ノイズがまずあって(定在波)、そこに倍音を入れてもリングモジュレーターなんですよね。つか実は「聞き取れる」んだなこれが。

 ただし、それがあるだけで全然違います。特に、対応したスピーカーで聴いたときにはやっぱり違います。クラッシュのアタックからリリースにかけての迫力が全然違うし、アコギの弦の減退する音は半端に遮断されずに聞こえるようになります。

 まあでもそれよりも、音楽としてちゃんとデジタルコンテンツの入れ物を作ることと、スマホで電池食わずに2448対応すること。これが目下の課題なんじゃないですかねー。

萌えー。


 
MOTUはハイブリッドって書いてあるけれどもあれは嘘で、やっぱり使うとしたらFireWireです。今日は900ピンの絶滅危惧種を手に入れるために何店舗も回って、はあ疲れた。しかも実店舗では高い。サンダーボルト経由ですが、おかげで大変安定しています。

 しかし田舎だから数日かかるけれども、ネットで買えるっていう。何度もいうように私個人でこれ以上の設備を持つ気は無いです。音質いいけど、それより何よりインターフェイス2台無いとWinと往復できないことがネックになっていて、これを解消したい、というのがあって東京から戻しました。

 NHKによれば為替以外にも材の市場変動によって楽器の高騰があるらしい。USAギターはプレイヤーには大変だろうなあ、木材プラスドル高か。でもユーロは下げてんのよね。

 「E.S.R.S.」とかどうでもいいや。